5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【小説書き】この文、意味通じる?【溜まり場】

1 :スペースNo.な-74:03/06/03 01:07
文章の相談スレです。

カコイイ文章考えたけど改めて読み返したら不安になったとか、
この表現ひょっとしたら萎える…?とか。

2 :スペースNo.な-74:03/06/03 01:11
今だ!!!2get
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

3 :スペースNo.な-74:03/06/03 01:19
今だ!!!3get
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

4 :スペースNo.な-74:03/06/03 17:54
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
        かべ             |
       ____.____    |
     |        |        |   |
     |        | ∧_∧ |   |
     |        |( ´∀`)つ   |     
     |        |/ ⊃  ノ |   |       ∧  
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |  Σ ⊂(゚Д
                        |



5 :スペースNo.な-74:03/06/03 18:31
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
        かべ             |
       ____.____    |
     |        |        |   |
     |        | ∧__∧ |   |
     |        | ( ゚д゚)つ   |     
     |        |/ ⊃  ノ |   |       ∧  
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |  Σ ⊂( ´∀
                        |



6 :スペースNo.な-74:03/06/03 21:04

小3のある日、兄の自転車を借りて坂を下ってたら
実はブレーキがすごく甘くなってて、
ブレーキしてもどんどんスピードが上がっていって
靴のつま先で無理やりブレーキさせても靴が磨り減るだけで
仕方なく路肩の植木に身を投げたら擦り傷いっぱいでスカート破けて
そのままエロティックな格好で泣きながら家に帰ったら
母がいきなり
「誰にやられたの!」
と聞いて来たのでは私はお兄ちゃんの自転車で…と言うつもりが
泣きじゃくってるせいでうまくいえず
「お…お兄ちゃん…」
と呟いたら母は突然倒れてそのまま気絶してました。

7 :こぴぺにまじれす:03/06/03 21:24
1センテンスが長すぎだね。もう少し細かく区切ったほうが良いよ。

8 :スペースNo.な-74:03/06/03 21:28
たたみかけるような状況説明なのを狙って、一文を長くとっているなら
パーツごとに語尾をそろえたり韻を踏むなどしてほしい。

9 :スペースNo.な-74:03/06/03 21:42
スピード感とか焦りとかを出したいのかなぁと
読んでいたんだけど
全部で一文なのね。

10 :スペースNo.な-74:03/06/03 22:09
kopipe

11 :スペースNo.な-74:03/06/04 00:01
初夏の夜だった。
東京へ就職した友人と待ち合わせ、一年分の世間話で安酒を呷って
男二匹、盛る血潮に是非も無く、雌を探して彷徨い歩く深夜の都心、
着きたる果ては中国式エステなる古ビルの一室。中に眠る男を叩き起こし
我らが来客を告げると、現れたるは2匹の怪物、断じて霊長類とは呼び得ぬ代物。
手を引かれ暗室に入り、四十の中国女を相手に一時間、醜塊なる重量物に
内臓を圧迫、衣服を剥がれ、身をよじって責め苦に耐えた。
よもやの恥ずべき初体験、決して人には語るまじと心に誓って部屋を後に、
恨める眼で省みたそのビルの二階にはフリー雀荘があった。
この世の地獄を経た我々に、風速5なる看板の如きは畏るるに足らず、
揚揚たる若武者二人、見知らぬ雀荘の門を叩いた。
赤牌を、金牌を、白ポッチを、刺青を、エナメル靴を、初めて見た。
我が一日の生活費たる千円札は一介の紙片に成り下がった。
始めは緊張によって、後には恐怖によって、手は震え、眼前は暗く、
河は見えず、思考は滞り、声は揺れた。和了ったかどうかさえ朧だった。
結局二万円は怪物女に、八万円は雀荘に溶けて消えた。

事実これが私の、雀荘初体験だった。

12 :スペースNo.な-74:03/06/04 01:30
点0.5じゃなくて5かよ。



汽車は、街の灯かりをさけて、ひっきりなしに通勤電車の通るレールから、
逃げるようにはなれてゆき、ただひとすじのレールをなぞりながら、海の
方角へと、まっすぐに進んでいった。
向かい合わせの四人がけのいすは、ちょうど半分くらいがうまっているよ
うだった。
すすけた窓がらすの外は、まっ暗やみで、何も見えなかった。それでも、
窓がらすにひたいを押しつけるようにして、何も見えない窓の外を、じっ
と見ている人も多かった。
小夜子も、それをまねしてみた。

天井からつり下げられたランプの、弱々しい灯かりが、いすに張られた、
すり切れかけた青いビロードを、しんしんとてらしていた。だれもが無口
で、ただ、車輪がレールのつなぎ目をひろう音だけが、客室の中に、ひび
いていた。

汽車は、どこまでも、走りつづけた。


13 :スペースNo.な-74:03/06/04 02:25
才能があるんだか、ないんだか、ないんだかないんだか、わからない。

14 :スペースNo.な-74:03/06/04 02:27
一撃必殺のモンゴル相撲、それこそが

15 :スペースNo.な-74:03/06/04 02:36
モーニングブルードラゴンのモーニング娘。テイストたる所以であろう

16 :スペースNo.な-74:03/06/05 23:39
age

17 :スペースNo.な-74:03/06/07 13:17
モグタンどぴっちょ

18 :スペースNo.な-74:03/06/08 02:32
それ漏れも好きだよ。
モグタンどぴっちょ。どぷっちょと違って円やかだ罠。

19 :スペースNo.な-74:03/06/09 13:42
書く前に文章の書き方のHowTo本に目を通すべきかと
個性的な文章は基礎ができてからに汁。

20 :スペースNo.な-74:03/06/09 19:40
二つ下のキャラネタで練習してこい。

21 :山崎 渉:03/07/15 12:22

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

22 :なまえをいれてください:03/07/24 16:35
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

23 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 04:15
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

24 :山崎 渉:03/08/15 20:33
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

25 :スペースNo.な-74:03/10/05 01:38
age

26 :スペースNo.な-74:03/10/05 05:10
私は絵描きですが
文章書きの人にはがんばってほしいです。

27 :スペースNo.な-74:03/10/10 22:55
テスト
ttp://s1.buttobi.net/know_how/cgi-bin/img-box/img20031010225227.jpg

28 :スペースNo.な-74:03/11/05 22:26
群平は薬局で買ってきたオキシフルでアヤ子の傷を消毒してやった。
しみるのかアヤ子が小さな目をつぶってヒャッと声をあげる。
この実父から毎日のように暴力と性的拷問をうけてきた幼女の体には無数のアザがある。
大人になれば美人確定というほど愛らしい顔立ちだけにいっそう憐れだった。
「アヤちゃん、あとでちゃんと病院いこうね。
それからボクのおうちで当分暮らそう。ウチはアヤちゃんみたいないい子は大歓迎だから」
「ほんまに…ほんまにええのん? めいわくなんやないかなあ…」
とまどい気味に聞く5才児らしからぬ遠慮がちなセリフに群平は胸が熱くなった。
「いいんだよ、そんなこと気にしなくて。子供は保護されるものなんだから」
「ええのん!? おおきに…おおきに、にいちゃん…」
と、アヤ子は何を思ったのかいかなり群平のズボンを下ろして中身をさぐり出そうとする。
「わわっ!? ア、アヤちゃん、何をするんだい!?」
「え? おとこのひとはおちんちんをてでしごいたり、ぺろぺろなめてあげるとうれしいから、
おせわになったときはそうやってさーびすするんやでって、いつもおとうちゃんが…」
「アヤちゃん! いんだよ! もういんだよ、そんなことしなくて…!」
群平は押し寄せる涙をこらえながらアヤ子を抱きしめていた。

29 :スペースNo.な-74:03/11/06 00:01

なんかちょっと感動する

30 :スペースNo.な-74:03/11/06 06:59
オレは >>28の無邪気な妄想力にチョト笑った。
いや、決してバカにしてるんじゃなく、何て言うか微笑ましい感じがしたのかな。
話の内容じゃなく、>>28自身がね。ウーン、うまく言いづらいが‥。(w;

31 :スペースNo.な-74:03/11/06 19:47
性的拷問を受けてた、ってのを書かず、父親から暴力、くらいのほうが
読後の情緒があるよな。
情緒?

32 :スペースNo.な-74:03/11/07 03:13
性的拷問よりかは性的虐待の方がいい気がする。

なんか拷問というと違わないか?

33 :スペースNo.な-74:03/11/07 20:00
「ただいまー」
アヤ子をつれて群平は帰宅した。当然、両親と姉がその子はどうしたのだと聞く。
「うん、友達の近所にすんでる子なんだけど、わけありでさ…」
と、事情を話すと家族は一もニもなくアヤ子を家に置くことを承知した。
群平も高校生であり家にこんな小さな子が来るなどひさしくなかったことなので、
姉も父母もやたらと胸が踊るような気分であった。
あれやこれやと自分にかまいたがる群平の一家にアヤ子もびっくりしている。
姉のようこがクンクンを鼻をひくつかせて顔をしかめる。
「群平、この子なんか匂うけど、ちゃんとお風呂とか入れてもらってないの?」
「そうみたい。かなりひどいお父さんだったからね」
「じゃあ、まずはお風呂にはいってキレイになりましょーね、アヤちゃん!」
「うん、それがいいよ。よかったねーアヤちゃん、お姉さんとお風呂だって」
「あら、一緒にはいるのはあなたよ」
「えええっ!? 冗談でしょ?」
「私は先に入ちゃったもの。相手は5才児よ、何赤くなってんの?」
「うん、アヤ子もにいちゃんとはいりたい」
無邪気にうなづくアヤ子に群平はますます困惑してしまう。
「そ、それがまずいんだよ姉さん。この子、男の人とお風呂にはいると、
すぐソープ嬢みたいなことしちゃうんだから…」

34 :スペースNo.な-74:03/11/09 20:15
5歳児かよ。萎え。

中2くらいでちょうどいいのに

35 :スペースNo.な-74:03/11/10 00:38
中2は大きすぎる
せめて小学生低学年〜高学年かな?

36 :スペースNo.な-74:03/11/10 02:34
>>33
 ブラックユーモアだね。
>>28は直球ストレートだけど、
 こっちは変化球だね。
 幼児の性的虐待でブラックユーモアってのは
 なかなか見たことが無かった。

>>34 中2だったら落ちない。
 小学校高学年でも無理



37 :スペースNo.な-74:03/11/10 03:13
>>12
 汽車は、海の方角へとまっすぐに走り続けた。
 街の灯り、そして通勤電車のレールから、逃げるようにはなれてゆき、た
だひとすじのレールをなぞりながら、汽車は走り続けた。
 乗客はまばらで、四人がけのいすは、うまっていたりいなかったり。
すすけた窓がらすの外には星1つ見えない。新月の闇に何が見えるというの
か、それでも乗客たちは顔を窓側に向けていた。

 小夜子も、それをまねしてみた。

 天井からつり下げられたランプの弱々しい灯かりが、いすに張られたすり
切れかけた青いビロードを、しんしんとてらしていた。だれもが無口で、た
だ車輪がレールのつなぎ目をひろう音だけが、客室にひびいていた。
 汽車は、どこまでも走りつづけた。



列車だったり汽車だったりランプがあったり通勤電車があったりと
世界がさっぱりわからないけど原文を出来るだけ残しつつ変えてみた。

38 :スペースNo.な-74:03/11/10 03:20
自己レス


すすけた窓がらすの外は、星1つ無い新月の闇。何が見えるというの か、
それでも乗客たちは顔を窓側に向けていた。


こっちのほうがいいかなあ。

ていうか、小夜子なるキャラを出したら
読者は小夜子の人となりに興味を持つであろうので、
そこからまた汽車の描写に戻ってしまうのはどうかと思われ。

39 :スペースNo.な-74:03/11/10 05:11
サザエです。
私はこの三週間ずっと「チョキ」をだしてきました。
チョキチョキチョキときたから、もうチョキがない
などという読みはそれほど間違ってなんかいない。
しかし、一歩間違えるとそこがスキとなる。
正しいとなると人はとたんに疑わなくなる。
まして、その理で勝ってきたとなればなおさらだ。
理ある故に無防備・・・・・・
必ず殺せる・・・・!
それじゃあ星はもらっていく。悪く思うな・・・


40 :スペースNo.な-74:03/11/11 23:26
知られざる不況の原因。
こないだ、久々にボーイズゲーム買いました。
BLゲーも、だんだん「ウィンドウズのみ」が増えてきましたね。 BLゲーム
くらいは、ギャルゲーの轍を踏んで欲しくないですのですが…… ギャルゲー
は、ウィンドウズが出た頃から、皆がみなウィンドウズオンリー。そのため、
確かに大多数はゲーム可能なのでしょうが、Macなどのユーザーが不遇を囲わ
されるという結果を生んでしまいました。私の友人も、嘆いていて、「ユーザ
ーで集まって、訴訟を起こす」などということまで云ってました。 一方のBL
ゲームは、出始めたときはMacもできるのばかりだったのに、ギャルゲーのソフ
トハウスが別レーベルでBLゲーに進出し始めた頃から、ウィンドウズオンリーの
が出現。 それで、コミケットに行ったとき、企業エリアに出ていたところに、
「Mac版は出ないのか」と聴きました。答えは、「Mac版をつくる設備がない」
おい、ちょっとマテ。設備がないからつくらない?
ないなら設備を入れろよ、そんな些細な投資をケチって、女性に多いMacユーザーをな
いがしろにするのかい。ふさげなるなっての。 その些細な投資で、売り上げは増え、
設備を販売した企業も潤い、周り回って、日本の景気も少しは上向くのに……。我が
のことしか考えないんですね。 ウィンドウズだけしか出ないソフトは、ずばり、欠
陥ソフトです。そんなの売るな! もちろん、Mac版だけ、でも欠陥です。 けちけ
ちしてうまみだけを掠めとろうなんて考えは、国のために今すぐ捨てて下さい! 
「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないですが、ウィンドウズ・マッキントッシュ両対応
を出すだけで、国が潤う結果をもたらすのです。 早く気づいて欲しいですね……
ここに、したい人間がいるんですから。けちけちせんと、ドーンとMac版も出しなさい!
それでも嫌なら、私にウィンドウズエミュレーションソ フトを安く買わせて。
もう一つ正直なこと云うと、ギャルゲーソフトハウスが、売れるからとBLゲームに進出して
いるわけですが…売りたいなら、Mac版も出さないと、意味ないですよ。てか、出さない
なら元のギャルゲーに帰って欲しいです。あざとくて、いい 気分じゃないです……

41 :スペースNo.な-74:03/11/24 17:15
つまり、私が言いたい

42 :スペースNo.な-74:03/11/25 13:34
のは‥

43 :スペースNo.な-74:03/11/26 08:18
Mac

44 :スペースNo.な-74:03/12/12 21:21


45 :スペースNo.な-74:03/12/13 00:38
ナルド

46 :スペースNo.な-74:04/01/31 02:31
ザ・ワールド

47 :スペースNo.な-74:04/03/21 19:44
七月。
ぼく、皆川大輔はこの猛暑の中、暑苦しくも黒い制服を着ていた。
親父、皆川新太郎が死んだのだ。
丁度その葬式が終わって、小さな公民館から出てきたところである。
公民館で行ったといっても、実際参列者はほとんどいなかった。
ただ他に場所がなかっただけである。
雲は無く、太陽の光がまぶしい。
小さな道路なので車も走っておらず、心地いい静けさに包まれている。
とても清々しいいい日だ。
こんな日に葬式だなんて、もし神様がいるのなら、なんて嫌味な奴だろう。
そんな悪態をつきながら、ぼくの心はなんとも鬱なものだった。

母はぼくが物心つく前に亡くなり、ぼくは男手ひとつで育てられた。
だがその親父も、僕を残して逝ってしまった。
ぼくは高校生にして、独り身になってしまったのである。
途方に暮れているぼくに、声がかかった。
「大輔君。ちょっと、話があるんだが」
その喪服の中年の男は、
ぼくの叔父さん。親父の弟である皆川祐一郎さんだ。
「はい……」
ぼくは落ち込んでいるように、重い声を作る。
実を言うと、あまり悲しくないのだ。
叔父さんは、そんなぼくの心を察していたのか、
「あまりいい父親じゃなかったろう。兄さんは昔から勝手な奴だったからなあ」
と、空を見上げて言った。
叔父さんは地方でホテルを経営していて、上京してきた親父とは、今日まで二十年間
会うどころか、連絡も取り合っていなかったという。
叔父さんも、ぼくと似た心境なのだろう。
確かに、親父は勝手だった。
家事はしないし、朝帰りはいつものことだし、家に女の人を連れ帰ることもあった。
飽き性の親父は、彼女らをぼくの母親にすることはなかったが。
そんなわけで、親父の奔放さは身にしみている。

48 :スペースNo.な-74:04/03/21 22:01
大体言ってることはわかるんだけど、この使い方はしねーだろってところがあるな。

>暑苦しくも黒い制服
「暑苦しい」と「黒い」が同じ扱いなのは変。黒いから熱を吸収しやすいって意味?
それにしたって、読み手にそこまで考えながら読むことを求めるのはあまりありえない。

>小さな公民館から出てきたところである
「だった」のほうがマシ。不自然。

>公民館で行ったといっても
ていうか、前もって「葬式が公民館で行われた」ていう説明をいれとかないと、読み手の意識が飛びそうじゃない?
あと、蛇足かも知れないけど一言。
オレが知らないだけかもしれないけど、公民館で葬式をやる=参列者が多いって説明、
入れたほうがよくないですか?

>ただ他に場所がなかっただけである
前の文の内容の理由を示している文ですよね?
「ただ他に場所がなかったのである」か「ただ他に場所がなかったことだけがその理由である」とかのが自然ではないですか?

>小さな道路なので
どこの道路?まあおそらく公民館の前であることは明らかですけど、でも不自然。
最低でも頭に「そこは」とか入れたほうがいいです。

49 :スペースNo.な-74:04/03/21 22:10
続き

>そんな悪態をつきながら、ぼくの心はなんとも鬱なものだった

「ながら〜」と来ているので、その後に停止した状態を描くのは不自然。もっとも簡潔に直すとすれば
「そんな悪態をつきながら、ぼくの心はなんとも鬱なものとなっていた」かな?

>こんな日に葬式だなんて、もし神様がいるのなら、なんて嫌味な奴だろう
ここもはしょりすぎの印象。私だったら
「こんな日に葬式だなんて。
 もし神様がいるのなら、そいつはなんて嫌味な奴だろう。」
とする。

あと、好みの問題かもしれませんが
>親父、皆川新太郎が死んだのだ
前の文からの流れを考えて、読点のかわりに「である」を入れるか、違う表現にしたほうがいい。

すいません。前半だけで勘弁してください。誰も他に書き込まなかったら後半もやってみます。
(おまえの添削なんざイラネっていうんでしたら、そうおっしゃってください。おとなしくしてますので)

50 :スペースNo.な-74:04/03/22 22:04
誰もいない・・・もしかして私空気よめてないのかな?・・・まあいいか。

続き

>だがその親父も
前の文章が「母が〜」と「ぼくが〜」の2つの文でできてますよね?
だからこの書き方だと「その」の指すものがあやうくその2人になりかねない。
一瞬「?」と思ってしまうので、表現を変えるか「その」を消す。

>途方に暮れているぼくに、声がかかった。
唐突に「声」と言われるのは・・・どういう声か説明すること。簡単でいいので。
「誰かから」とかでもいいですね。

>その喪服の中年の男は、
もう少し順を追って説明しましょうよ・・・

>ぼくは落ち込んでいるように、重い声を作る。
「落ち込んでいるのが、叔父さんにわかるように」ってことでしょ?省略しない!

>上京してきた親父
いきなり「上京」って・・・これって小説の冒頭の話なんじゃないの?ちがうならスマソ。

51 :スペースNo.な-74:04/03/22 22:12
さらに続き

>彼女らをぼくの母親にすることはなかったが。
「彼女ら」がどれを指していたのか、読み手は一瞬ですけど探してしまいます。結構つらい。
1つ前の文章は「家事をしない」「朝帰りする」「女を連れてくる」と3つもの内容が同時に書かれている。
私だったら、「女を連れてくる」という内容を1つ新たに文を設けて書いておきますね。

全体的に省略しすぎの説明不足。
ご自身の文学的表現に何かこだわりがあるのなら私の言うことは無視して構いませんが、
そうでないなら、この文章は読み手にかなりの苦痛を与えてしまいます。
読み手が考えながら読まなくてもいいように、読み手が読んでいる最中に前の文章に
いちいち戻らなくてもいいように、読み手を意識した文を心がけましょう。
それから代名詞を使う時はその指しているものが明確であるかを確認すること。
その辺をしっかりしないと、いくらいい表現を使ってみても読み手に伝わらないと思います。


52 :スペースNo.な-74:04/03/22 23:20
私の書いている文章もかなり変だな〜

>あまりありえない
なんでこんな表現を使ったんだろう。「あまりない」ね

>そうでないなら、この文章は読み手にかなりの苦痛を与えてしまいます
「そうでないなら」が不要か。前後の関係が不適切ですしね。

>その指しているものが明確であるかを
「それが指しているもの」ね。代名詞の話をしていて間違ってりゃ世話ねーやw

他にもまだまだありそうだな〜。
まあ、あれですよ。文章は推敲すればそれなりによくなりますよ。
さて、自分のをやろっと……

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)