5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

光と水のダフネ -Daphne in the Brilliant Blue- 24

277 :酔ってるので長文ゴメソ:04/06/24 00:54 ID:0sbQbQL4
やっぱり海洋庁はマイアの父親が握ってた秘密を追ってるんかな。
エルピダは既にしらみつぶしに探したけど見つからなくて、
あとは父親がマイアに託した物を得るしかない、と。

で、最終回はマイアが記憶を完全に取り戻した後、
ネレイスのメンバーと共にエルピダに辿り着き、
ダフネの木の下に駆け寄る辺りから始まると。

笑顔で木に駆け寄るマイア。
横からの銃声…足元を狙撃されお約束の顔面ズザー

「そんなところに隠していたのか…」
表われる海洋庁のお偉いさん。
戸惑うマイア。そして語られる秘密。

「悪いがコレは頂くよ」と言ってカプセルを掘り出し、開ける海洋庁のオヤジ。
出てきたのは…マイアの兄のごく普通の思い出の品と…謎の箱。
「これは…」震える手で箱を開けようとするオヤジ。
と、マイアが「あ〜〜っ」と声を上げる。
「それ、覚えてますぅ。佐藤君スナック(仮称)ですよ!」
「佐藤君スナック(仮称)?」と一同。
「はい。子供の頃お兄ちゃんと一緒によく食べてました〜。
 鈴木君より佐藤君の方が好きだったんですよぉ」

「またフリダシか…」肩を落とす海洋庁の面々。

「ホント美味しいんですよ。ハイ食べてください、ハイ」と佐藤君スナック(仮称)を配るマイア。
…みんな揃って口にほおばるが…

さすがに腐ってて
 『 ウ ゲ ェ 〜〜〜〜 』 ×20ぐらいで大団円。

235 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)