5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

さくらたんの歯をムリヤリ抜く

1 :CC名無したん:01/12/29 22:03
人肉、ウンチ、ゲロと来たら最後はコレしかないでしょ。

2 :CC名無したん:01/12/29 22:06
生爪がある

3 :CC名無したん:01/12/29 22:06
−−−−−−−−−−−−−終了−−−−−−−−−−−−−

4 :CC名無したん:01/12/29 22:08
平木さんの同人誌であったなあ。

5 :CC名無したん:01/12/29 22:27
    ,   ― '
  γ∞γ~  \
  |  / 从从) )
  ヽ | | l  l |〃 ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  `wハ~ ーノ) < さくらの歯は何度でも生え変わるよ
   / \`「    \_______________

6 :CC名無したん:01/12/29 22:29
歯を抜くのもいいが、爪切りで肉を少しずつプチプチと切り取っていくのもいいぞ。

7 :CC名無したん:01/12/29 22:52
>5
かなりワラタ

8 :CC名無したん:01/12/29 23:39
っていうか、イレースのカードで消されておしまいだよお前ら(w

9 :CC名無したん:01/12/29 23:41
さくらたんの陰毛をムリヤリ抜く

    ,   ― '
  γ∞γ~  \
  |  / 从从) )
  ヽ | | l  l |〃 ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  `wハ~ ーノ) < さくらの陰毛は何度でも生え変わるよ
   / \`「    \_______________

濃くなる濃くなる

10 :恵一:01/12/30 00:12
>>1
これはかなり萌えデスなー
良スレの予感・・

11 :CC名無したん:01/12/30 00:28
みんな、抜いた歯はどうするの?やっぱり食べる?
それともお尻の穴に挿れる?

12 :CC名無したん:01/12/30 01:21
ていうか、さくらたんの口でムリヤリ抜く

13 :CC名無したん:01/12/30 01:59
はのないさくらたんのおくちでふぇらちお

14 :恵一:01/12/30 02:01
歯をバキバキハンマーで叩いて
ボロボロにしていくのが快感なんでしょ?

抜いた歯は別にいーなーモレは

アゴを砕いて
ふぇらてぃお
もいいかもしんない

15 :CC名無したん:01/12/30 02:14
さくらたんの歯を丁寧に全部抜いたら、その歯で入れ歯をつくって、さくらたんに使ってもらうんだよ。
取り外せば、歯磨きも楽にできるし、フェラにも最適。
よかったね、さくらたん(はぁと

16 :CC名無したん:01/12/30 07:38
さくらたんの歯は鮫の歯のように鋭いよ

17 :CC名無したん:02/01/18 20:27
ttp://www.oceloli.com/u-28.htm

> 「さあ、始めるぞ」
> ドリルが高音を発しながら、恐ろしい速度で回転を開始した。 そしてゆっくりと卯月の
>白い歯へとその牙を近づけていく・・・。 
>
> キュウウウイイイイイイイン・・・ガリガリガリガリ!!
> 脳を、思考を白熱させる鋭い痛みに、卯月は声にならない悲鳴を喉の奥で発した。 
>全身がぴくぴく震えた。 顎を伝う唾液の量が増え、時折、喉を逆流してごぼごぼと咽る。 
>白い腹部が波打ち、全身の毛が総毛立つ。
> 「ふああがあふふぁあああうあああっ!!!」

18 :CC名無したん:02/03/10 19:10 ID:7naplXJv
【不幸のレス】    このレスを見た人間は七日以内に死にます。        ※あなたに訪れる死を回避する方法が一つだけあります。      それはこのコピペを一時間以内に7つ、別のスレに貼り付ける事です。




19 :CC名無したん:02/03/10 19:34 ID:fKidL7k9
>>18
やめれ

20 :CC名無したん:02/03/10 21:00 ID:rqD7ClXK
おまえら全員氏ね!!

21 :_:02/03/10 23:54 ID:rCZlc8Z/
マジ、歯大事にしたほうがいいよ・・・(しみじみ)

22 :CC名無したん:02/03/11 01:30 ID:dhpMZrAw
ここからは、さくらたんに歯磨きしてあげるスレになりました。

23 :CC名無したん:02/03/16 12:26 ID:bhalb10c
さくらちゃんって、まだ乳歯なんじゃ・・

24 :CC名無したん:02/03/16 12:57 ID:En4OklCY
漏れはハミガキしているさくらたんにうしろからこっそりと近づく。
「はにゃ〜ん。やっぱりハミガキは3ぷんかんしないとね」
さくらたんは「桃味」のハミガキ粉でハミガキをしている。
漏れはうしろからさくらんを羽交い絞めにし、
そのままさくらんの向きをかえる。
歯ブラシがさくらんの手から落ち、
抱きかかえるように持つ漏れの鼻の前に、
さくらたんのおくちからただようかぐわしい桃の香り。
漏れはそのままさくらたんの口に自分の舌を攻めいれる。
「え?え?」
おびえるさくらたん。
さくらたんの真珠のような白い歯と、
桃の甘美な香り。
漏れはさくらたんの歯を舐めまくる。

25 :CC名無したん:02/03/16 17:42 ID:XVQ5SCJE
>>24
手から歯ブラシが落ちるところに萌え。

26 :炉板通信:02/04/09 01:02 ID:ndYJMe6M
いつか何か書く予定なので保全

27 :炉板通信:02/04/23 23:25 ID:gsfTVPVM
保全・・・
あぁなかなか書けない・・・

28 :CC名無したん:02/04/26 08:23 ID:L8hC6vyU
期待sage

29 :炉板通信:02/04/28 00:52 ID:3RjhoBAI
「さくらの歯科検診」序章

「ほえーーーーーーーーーーーーー!」
先生から渡されたプリントを見てさくらは叫んでしまった。
それは一週間後の歯の検査の通知プリントだ。
さくらは歯科検診が嫌いだ。虫歯なんか見つかったら治療が痛いし
検査のとき歯医者さんが人の歯を見ながらブツブツと
よくわからないことを言うのが不安を誘って怖い。
さくらは幼い頃(今も幼いが、もっと幼かった頃に)虫歯ができて
歯医者さんで治療してもらったことがある。
その時とてもこわかったおぼえがあり、今でも心に焼き付いている。
だから毎年歯の検査のときはビクビクしてそれに臨む。
運がいいことに、小学校に入って以来虫歯があったことはなかった。
しかしそれでも油断はできない。
プリントをドキドキしながらランドセルの中にしまう。

「また今年もやってきましたわね〜」
いきなり声をかけられビクッとした。知世ちゃんの声だ。
「ど、どうしたの?・・・何が?」とさくらは返す。
「もちろん、さっき渡された歯科検診のことですわ」
「う、うん、そうだね・・・」
「さくらちゃん、歯科検診苦手ですものね、かわいそうですわ」
「だ、大丈夫だよ、もう高学年だしこわくないよ!」
「そうですわ、大丈夫ですわ!
 こうやって可愛いさくらちゃんの口から時々のぞくさくらちゃんの歯は
 白くてきれいに並んでてとても健康的ですわ〜」
恍惚とした表情の知世ちゃんを見つつ、さくらは呆れながらも
心の中でふつふつと湧いてくる不安感を抑えようと抑えようと踏ん張っていた。

30 :炉板通信:02/04/28 00:53 ID:3RjhoBAI
すんません
今日はこんなところで

31 :炉板通信:02/04/28 23:13 ID:7s69u0Cg
「ただいま〜・・・」
さくらは自宅の戸を静かに開けた。
いつもの元気な帰宅とはうって変わったひっそりした帰り方に、家族は訝った。
「どうしたんですかさくらさん、元気がありませんね」
「そんなことないよ、普通だよ。ああ、これ・・・」
さくらは力なく歯科検診のプリントを父に渡した。
「なるほど、歯科検診ですか。
 大丈夫でしょう、さくらさんはいつもちゃんと歯を綺麗に磨いてますからね」
父藤隆は娘の不元気の因を察し、ごく自然な形で励ました。
「うん・・・大丈夫だよね・・・うん・・・」
「大丈夫に決まってるだろ、怪獣は歯が丈夫だ」
「さくら怪獣じゃない!・・・もん・・・」
いつもの言い返しも激しさが足りない。不安で頭が一杯なのだ。

お風呂の後、さくらは歯を磨いた。いつもより長く磨いた。
歯の裏や奥歯の向こうまで丹念に磨いた。
今こんなに磨いたってそんなに結果に響かないのはわかっている。
でも、磨くしかなかった。こうしないと安心できないのだ。
無論、これで不安が全くかき消されるわけではないが。
歯を磨いた後、さくらは鏡の前で大きく口を開けて歯をじっと見ていた。
さくらの歯は今全部で24本。生え変わって以降は虫歯を作っていないので
銀歯の全くない真っ白な歯である。歯並びもきれいだ。
知世ちゃんの言うとおり、非のうちどころのない素晴らしい歯並。
でも、虫歯はいつできるやもしれない。
歯科の知識のないさくらには歯を見ても虫歯なのかなんかわからない。
それでもさくらは気を紛らわすためしょっちゅう口の中を覗いた。
そんな日々が一週間つづいた。

そんなこんなで過ごしているうちに、運命の日はやってきた。

32 :CC名無したん:02/04/29 01:34 ID:u.krJtls
>>29-31
どういう展開になるか楽しみだ。

33 :炉板通信:02/04/29 23:10 ID:YDv7rAsY
「さくらの歯科検診」(1)
とうとう歯科検診当日となった。さくらは重々しく登校した。
さくらのクラスは3限の途中に検査があるらしい。
1限・・・2限・・・過ぎて行く時をビクビク感じていた。
そして、遂に3時間目の授業が始まった。
もう逃げられない、黙って検診に赴くしかない。
でも大丈夫、絶対大丈夫!今まで一度も引っかかったことないんだから!
そして、隣のクラスの先生が教室に入ってきた。
「次ですから並んでてくださいー」
来た。ついに来たんだ。
「じゃあみんな名前の順に並んで保健室まで行きますよー」
先生の号令に従い、生徒全員廊下に出て名前の順に並んだ。
そして、みんなで保健室に向かって歩き出した。
「はう〜〜もうすぐだよぉ〜」
「大丈夫ですわさくらちゃん、きっと無事にすみますわよ」
後ろから知世ちゃんが励ましてくれる。
行列は保健室の前で止まった。
隣のクラスの行列は既に残り少ない。
1人、また1人と前の行列は頭数を減らしてゆく。
そして最後の1人が終わり、自分のクラスの番が来た。

34 :炉板通信:02/04/29 23:10 ID:YDv7rAsY
男子の1番から保健室に入り始めた。さくらは女子なので少し後になる。
ここで来ると、待っていなければならないのが鬱陶しくなる。
チャッチャと診てもらってチャッチャと終わらしたい。
そんなことを考えているうちに、男子も残り少なくなった。
「いよいよですわ、さくらちゃん」
「うん・・・そうだね・・・」
男子が終了した。女子の1番が保健室に入った。
しばらくして小狼君が保健室から出てきた。さくらの方を見て、
「がんばれよ、さくら」と声をかけてきた。そしてそそくさと去っていった。
「(励ましてくれてありがとう、小狼君。
 でも、何で小狼君がわたしが歯の検査苦手なの知ってるんだろう?)」
気がつくと自分の前には誰もいなかった。次はわたしだ。
名前が呼ばれた。「さくらちゃん、がんばって」おずおずと保健室に足を進める。
保健室の中にはもうちょっと人がいた。診られる順番はまだだ。
「(はう〜〜こわいよぉ〜〜何か言われたらどうしよう〜〜)」
自分と歯医者の距離がどんどん近くなってゆく。もうすぐだ。
自分の前の子の番となった。口を開けている様子が後ろからでもわかる。
歯医者さんは黙ってそこを覗き込み、ブツブツと何かを言ってことを終えた。
そして、前の子は去った。さくらは歯医者さんの前の椅子に坐った。

35 :炉板通信:02/04/29 23:11 ID:YDv7rAsY
失敗
上の投稿は「さくらちゃんの歯科検診」(2)です

36 :炉板通信:02/04/29 23:12 ID:YDv7rAsY
>>35
ごめん「さくらの歯科検診」(2)ね
首吊って逝ってきます・・・

37 :CC名無したん:02/04/30 19:07 ID:cg.X/pvA
さて、さくらたんはどうなるのか

38 :炉板通信:02/04/30 23:20 ID:KY/xFnZg
ごめんなさい
今日は休ませて

39 :炉板通信:02/05/02 00:09 ID:7sqZz2c.
今日もすみません
連休中に上げます

40 :CC名無したん:02/05/02 00:31 ID:IqbXBYhc
>炉板通信さん
ごゆっくりどうぞ

41 :炉板通信:02/05/04 23:08 ID:mxZsbbSU
「さくらの歯科検診」(3)
歯医者さんが「はい、口開けて」と言ってきた。
さくらは素直に大きく口を開けた。観念せざるを得ないのだ。
歯医者さんは腰をややかがめ前のめりにし、細いライトを口の前にもってきて中を覗き込んだ。
さくらはのどを舌でしっかり閉じて、目を強く瞑ってじっとしている。
緊張して胸が高鳴り、鼻息が荒くなる。
歯医者さんが歯鏡をさくらの口の中に突っ込んだ。口中で冷たい感触をさくらは感じ取る。
「(検査されてるよ・・・どうか何もありませんように・・・)」
無事に検診が終了することを心の中で強く祈るさくら。
歯医者は、さくらの口の中の隅から隅を診つづける。
前歯から奥歯、左右上下、表も裏も、全て歯鏡などを駆使しつつ覗き回す。
緊張したさくらの口中は渇いていて粘ついていた。舌が動くと歯茎との間に太い唾液の筋が立つ。
口内に籠る熱と湿気で時々歯鏡が曇る。緊張しているため、いつもより口の中が熱い。
胸の詰まるような思いで検診に臨むさくらは、じっと耐えていた。
歯医者さんが何か言い始めた。さくらには詳しいことはわからない。
聞いた感じでは、右下は1〜6まで全て異常がないということのようである。
さくらは少し安心した。このまま全部異常なく済んでくれればいいと思った。
また何か言った。今度は右上が全て異常なしとのことだ。
そして、今度は左上も全て異常なしと聞いた。「(よし!もう大丈夫かな)」
あとは左下だけである。口の中を歯鏡が滑ってゆく感触を感じながらさくらは余裕に浸っていた。

42 :炉板通信:02/05/05 23:19 ID:QECYP87o
「さくらの歯科検診」(4)
「――左下6、C1――」
異質な言葉を聞いた。今までと調和しない言葉。
「(Cってどこかで聞いたことある・・・もしかして・・・虫歯!?)」
さくらは急に不安になった。そしてその不安は的中している。
さくらの左下の第1大臼歯――目下一番奥の歯――が初期の虫歯となっているのだ。
さくらは一気に青ざめた。体が震えそうになった。
歯鏡がさくらの口から出された。歯医者さんは姿勢を正し、「はい、終わりです」と言った。
さくらはのっそりと力なく立ち上がり、ややフラフラ気味に保健室を後にした。

後で検診結果が配られた。さくらの紙にはっきりと1つのペケ印があった。
「はう〜〜・・・虫歯ができちゃったよぉ〜〜」涙目で呟いた。
それに敏感に反応したのは知世ちゃんだった。
「えーーーっ!?さくらちゃん虫歯があったのですか?な、何とおいたわしい・・・」
こっちも負けずに涙目でさくらに声をかけた。
「うん・・・まあ、ほらC1で軽いのだから、治療も楽だって」
楽であろうと何であろうと歯の治療が嫌いなのは自分だったが、
知世ちゃんに変に騒がれないように自分で自分をフォローする。
家に帰って、さくらはおそるおそる検診結果の紙を父に渡した。
「早く歯医者さんに行って治さないといけませんね」さくらは黙ってうなずいた。

「さくらの歯科検診」完 「さくらの歯科治療」につづく

43 :炉板通信:02/05/05 23:21 ID:QECYP87o
というわけで、一応一区切りつけました
全然エロくない話でスマソ
次の「歯科治療」でエロくなります(歯科治療フェチ的に)
ノーマルエロはないですスマソ

44 :CC名無したん:02/05/06 16:26 ID:WkYbMl6s
(;´Д`)ハァハァ・・・って、エロ無しかあ。
次に期待しよう。

45 :炉板通信:02/05/07 23:21 ID:MPqw3YTM
「さくらの歯科治療」(1)
「ただいまーっ」
玄関に響いたのはさくらの声。今日も元気だごはんがうまい。
「さくらさん、今日は歯医者さんに行く日ですよ」
「あ、そうだったそうだった・・・はう〜」
俄然元気をなくす。
「さあ、はやく用意して。1人で行けますね?」
「うん・・・」
服を着替えてさくらは家を発った。トボトボと力なく歩く。
さくらの行く歯医者は、町内唯一の歯科医院である。
保険証と検診結果の紙を持って、さくらはその医院に入る。
受付で保険証を手渡すと、「それではそこで坐ってて下さい」と促される。
歯科医院の待合室。さくらはここで待っているときが一番嫌いだ。
診察室から漏れてくる治療中の音が聞こえてきて、
否応なしに恐怖心が増幅してしまう。
さくらは顔をしかめ、歯を食いしばって待ちつづけた。
「(早く呼ばれて早く終わってほしいよぉ・・・)」とだけ考えていた。

「木之本さーん、診察室にお入りください」受付から呼ばれた。
さくらはそっと立ち上がり、心臓をバクバクさせながら診察室に入った。

46 :炉板通信:02/05/07 23:21 ID:MPqw3YTM
「さくらの歯科治療」(2)
「それじゃここに坐っててね」
歯科助手さんが治療台にさくらをいざなう。さくらは黙って坐った。
治療中だった医師が手を止め、さくらの方を一瞥した。
そして手早く治療を終え、控室に入りすぐ出てきてさくらの前に来た。
「さて、どうしたのかなお嬢ちゃん」
「ええと・・・奥歯に虫歯ができたといわれまして・・・」
「そうかそうか、じゃあちょっと見てみようね。はいお口大きく開けてね」
そういいながら医師はライトを点けてさくらの口の辺りを照らし、
探針と歯鏡を持って口の中を覗き込み始めた。
「ふむふむ・・・ああ、ここね。ちょっと虫に食われてるね」
左下の第1大臼歯――さくらにとって最も奥の歯――に探針を当てた。
それ以外にも、指を口内に突っ込んで各所を探り回す。

その医師の診察法はちょっと変だった。まず彼はマスクをしていない。
マスクをしていない顔をさくらの口に異常に近づけて診察する。
そして、彼は手袋もはめていない。明らかに衛生上良くない。
肌を露にした指でさくらの口内をまさぐっている。
無論、医師は平生からそんなだらしのない診察をしているわけではない。
診察相手が木之本さくらであればこそ、感覚器官を隠さずにいるのである。

47 :炉板通信:02/05/18 05:28 ID:I8QN.1GA
すまん保守

48 :炉板通信:02/05/18 23:09 ID:feVsiO9I
「さくらの歯科治療」(3)
この歯科医師こそ、歯科医師界随一のロリコン歯科医である。
さくらは、彼が今までに見た中で最も魅力的な少女だった。
彼がさくらに出会ったのは、そう、あの歯科検診。
友枝小の歯科検診に来て診ていたのは彼だったのである。
沢山の童女の口内を診るのを楽しみに検診にやってきた彼は
行列から現れた彼女――さくらを見て愕然としたのだ。

「(か・・・かわいい・・・こ、こんな美少女がこの学校にいたとは・・・!)」

自制がモットーであった彼は、生まれて初めて理性を取り去った。
全く虫食いのないきれいな歯のさくらを診て「虫歯あり」と診断した。
誤診でも何でもない、わかっていながら彼は敢えて真実と違う診断結果を下したのだ。
この奇怪な行動の動機は、「またこの少女に会いたい」という衝動であった。
ここ友枝町に歯科医院はここ1軒。この少女は九分九厘ここに来るはずだ。
計画的であるが全く理性的でないこの行動からも、彼の昂奮度合いは推し量られるだろう。
彼は帰ってから激しく後悔した。しかしながらワクワクもしていた。
嘘を言ってしまった。どうしたものか。今度来たら「やっぱり無かったよ」と誤魔化そうか。
いや・・・彼女の、さくらの歯のあの可愛らしさ。削りたい。彼女の歯を削ってやりたい。
決まった。彼は健康であるさくらの奥歯を自らの情欲のために「治療」することにしたのである。

49 :炉板通信:02/05/18 23:09 ID:feVsiO9I
「さくらの歯科治療」(4)
歯科医のそんな卑劣な思いを、さくらは知る由もない。
さくらはあくまで虫歯が出来たと信じていて、この優しい歯医者さんに治療してもらうんだと
頭の芯まで思い込んでいる。当然のことだ。
この歯科医は普段はその強烈な鬼畜ロリコンぶりを表に出すことなく
優秀な技術と優しい応対で、周囲に信頼され町の住民から好評を得ている。

しかし彼は、幼少女を診るときは、いつもとはうって変わって欲情しながら診察・治療するのだ。
いつもは嵌めている手袋を外し、素手で患者の少女の口の中をまさぐる。
自分の顔を患者の少女の口の真ん前に持っていき、間近で少女の口の香を嗅ぐ。
そして、昂奮で震えもする手を理性の力でうまく制御して患者の少女の虫歯を削る。

そう、彼は理性の男。究極的変態性欲者がかくして町じゅうに信頼されるのは
この理性あってのものなのだ。相手にわからないように欲情しているのである。
しかし、それを先日の歯科検診で捨てた。敢えて捨てた。
木之本桜という、天女を見た。彼は天女に目を奪われ、魅入られたのだ。
この娘に再会出来、口内に触れられ、歯をいじれるなら・・・。
しかし、彼も人生を捨てたいわけではない。このことは秘密にしておきたい。
だからさくらが診察室に来たとき、素早く彼女の診察に回った。虫歯が無いのがばれてはいけない。
診察も、昂奮しつつ冷静に行う。彼の「自制」は死んでいない。

50 :炉板通信:02/05/19 23:20 ID:VYohTSbw
「さくらの歯科治療」(5)
「ほぁ・・・ほうはんへふは?(あ・・・どうなんですか?)」
医師に指を口に入れられたままのさくらが訊いてきた。医師は指を抜き、冷静に答えた。
「ああ、左下の奥歯がちょっとだけ虫に食われてるね、でもこれならすぐに治せるよ。」
それを聞いてさくらは安堵の表情を浮かべた。
「それじゃ、もうちょっと大きくお口を開けてね」
さくらは目一杯口を開けた。一番奥の歯まで丸見えになる。
歯科医は、自らが患部だといった全く健康な白い臼歯をじっと見つめ、その中心を探針でつつく。
痛いはずはないのに、さくらは患部をつつかれてると思って痛い顔をする。
その表情を見て歯科医は勃起した。こっそり勃起した。
「ほぁ・・・ほぁははうはぁ・・・」
「あ、痛かったかな、ごめんね、ちょっと虫歯を詳しく見ていたんだよ。」
欲望に駆られて際限なくやっていてはいけない。程々の所でやめて次の作業に移ることとする。
次の作業・・・即ち、治療の本番。歯を削るのだ。
虫歯でもない歯を削る、歯科医としてあるまじきことをこれからするのだ。
性的快感と罪悪感が入り混じる中で、着々と準備を進めて行く。
ガチャガチャと器具を探る音がさくらの耳に届く。寝かされているのではっきりと見えない。
その怪しさがさくらの恐怖感を煽る。「(ほえ〜、こわいよぉ〜〜)」
「はい、じゃあまたお口開けてね、ちょっと痛いけど我慢してねー。」
ドリルと吸引ホースを持った歯科医が顔の上に聳え立った。

51 :CC名無したん:02/05/20 00:58 ID:1yi10QK.
オイラも既にチンコ起ちますた

52 :CC名無したん:02/05/21 21:40 ID:nL1uA4rM
フェチスレだ。さくらの歯科治療イイYO!

53 :BSマリオン:02/05/23 23:05 ID:Hf8bz.UU
おお、こんなイイスレがあったとは。続き頑張ってね〜>炉板氏

54 :炉板通信:02/05/24 23:08 ID:J6zlnEjk
「さくらの歯科治療」(6)
強張った表情で大口を開けているさくら。
無表情ではありながら腹の内では色情と緊張で埋め尽くされている歯科医。
さくらが覚悟して目を瞑ったとき、事は始まった。

ドリルがキィーーーンと高い音を発して回り始める。
吸引ホースがさくらの口の中の舌の側面辺りに差し込まれた。
次いでドリルがさくらの唇の間を通過していった。
そして、さくらの左下第一大臼歯の凹みの中央に触れた。
自然美の微塵も損なわれていなかったさくらのその歯に、少しずつ醜い傷が付けられてゆく。
「あっがっ・・・!」
削られる痛みと精神的刺激とで、さくらは思わず声を漏らす。
ドリルから発する水が若干溜まっているためうがいのような音となった。
その音を聞いて歯科医は自らの陽物を強く震えさせた。

自らがC1と診断したため、削る所はエナメル質のみである。
歯科医としてはもっと削りたい、歯髄まで覗いてみたい気分であったが、
軽度の齲歯だと言ってしまっているし麻酔も射っていないのでそこまでしない。
強く顔をしかめたさくらの表情と震える舌や頬の内側、そして削れ行く歯・・・。
それらを見るだけで歯科医は大満足なのである。

55 :炉板通信 ◆hG4Chris:02/06/01 23:13 ID:1DKBKmz.
「さくらの歯科検診」(7)
削り始めてそれほど時間が経っているわけではない。
しかし、さくらにとっては千秋の感覚であった。
早く終わって欲しい――これがこの時のさくらの唯一の願いである。
一方、歯科医は時を忘れて愛ずべき少女の健康なる歯を削りつづけている。
彼にとっての願いは、このまま時が止まってしまえばいいというものであろう。
互いの思いは相反している。そして2人のここにいる目的も・・・。

さくらは歯に時々激痛を感じるようになった。歯科医はそれを感じ取った。
半ば諦めたような手つきで歯科医は少女の奥歯からドリルを離した。

「削り終わったよ、よくがんばったね。それじゃこれでうがいしてね。」
水をコップに注いでうがいするよう促した。さくらは安堵の表情を示した。
さくらはコップの水を口に含み、ブクブクとゆすぐ。削られた歯が少し染む。
口中の水がさくらの体温で温んだ頃、ペッと吐き出した。
吐き出された水は唾液が混ざり少しどろっとして、且つ血混じりで赤い筋を帯びていた。

やがて歯科医が金属物にでかいガムの付いたようなものを持って再びやってきた。
さくらに口を開けさせ、丹念に中を覗き込みながら下の歯の上にガムを据え、さくらに噛ませた。
「じゃあこれをしっかり噛んでてね。しばらくしたら戻って来るから。」

56 :炉板通信 ◆hG4Chris:02/06/12 23:09 ID:acZTBnBk
「さくらの歯科治療」(8)
ガムを噛み締めたまま、さくらはじっと寝転がっている。
吐き出した水に血が混じっていたのを見た時はちょっとヒクッときたが
それ以外大したショックはなく、基本的に心穏やかでいる。
さっき削られた痛みはもうほとんど失せていた。
これも優しく治療してくれている歯医者さんのお蔭だと感謝した。

一方、歯科医は昂奮気味の脳と心臓と股間に言い聞かせつつ
もう1人相手をしていた患者の治療をしていた。
こんなどうでもいい奴の歯なんか診ていたくないが、プロとして粗末にするわけにはいかない。
実は既に説得力のない職業倫理が、彼を表面上は誠実たらしめる。
しっかり歯型が取れるまでこいつの相手・・・まだか・・・まだか・・・・。
そうこう考えているうちにその患者の治療は終了し、さっさと帰らせた。

今日の患者は、さくらが最後。

いっそ拉致監禁して秘密の場所で縛り上げて存分に歯を削りまくって犯して殺してまた犯して・・・
というどす黒い欲望が湧かないでもないが、そんなことをしてはいけない。
自分がやるべきこと、それは自らがついた嘘に自ら色欲に従い対処すること。
極めて静かな面持ちで、歯科医は再びさくらの頭上に立った。

57 :炉板通信 ◆hG4Chris:02/06/12 23:10 ID:acZTBnBk
「さくらの歯科治療」(9)
「もういいよ、静かにお口を開けてね・・・。」
さくらがゆっくりと口を開けると、歯科医はさくらの下の歯にへばり付いたガムを器用に剥がした。
そのガムには、可愛らしいさくらの下の歯の型がきれいについていた。
さくらの唾液が付着しテラテラと輝くガムの表面、歯科医は舐りたい欲求をぐっと抑える。
「よし、じゃあ水でお口をゆすいで待っててね。」
歯科医はそういうとガムを技工士の所に持って行った。

さくらは、2度目のブクブクうがいをした。今度は血混じりではないがガムの欠片が少しあった。
染むのは前回と同じであり、削られたという現実をちょっと思い出させられた。
「(まだかな・・・早く帰りたいよぉ・・・。)」

しばらくすると、歯科医はさくらのもとに戻ってきた。
そしてまたさくらに口を開けさせ、中を覗き込んだ。
うがいをして文字通りみずみずしいさくらの口内をまじまじと見つめる。
しばらくして歯科医の顔はさくらのつっぱった唇の前から離れ、何か作業をはじめた。
さくらは一抹の不安感を抱きながらじっとそれを見つめる。
やがて歯科医は金属片を摘んでさくらに口を開けさせ指を突っ込みさっき削った歯をいじくる。
歯科医の指がさくらの口から出ると、また同じような作業をする。
そしてまた同じく削った奥歯をいじると、今度は「よし」と言いながら指を抜いた。

58 :CC名無したん:02/06/17 20:15 ID:zG/UQpSE
>吐き出した水に血が混じっていたのを見た時はちょっとヒクッときたが

ヽ(゚∀゚) ゝ漏れもきた!

>自分がやるべきこと、それは自らがついた嘘に自ら色欲に従い対処すること。

ヽ(゚∀゚) ゝいいよ!

59 :◆hG4Chris:02/07/11 23:42 ID:u6.STsmE
さくら板本のネタ書き上がったので
いずれ続きを書くかもしれません・・・

60 :CC名無したん:02/09/08 00:16 ID:tQcFt0rz
地下スレ発見。

61 :CC名無したん:02/10/20 04:24 ID:qxjTqfSk
地下スレ発見。

62 :CC名無したん:02/10/20 04:28 ID:aRN6EtvO
ちょっとボッキ

63 :CC名無したん:02/10/20 05:00 ID:CcxcnR9T
俺も勃起した。こっそり勃起した。

64 :みのる:02/10/20 13:35 ID:yf0NktEj
さくらちゃんは、小学校6年生になっても歯が生え変わらないから、無理やり乳歯を抜かれちゃうんだよ。
ボク中学生になって、まだ一本も歯が生え変わってなかったから抜かれちゃったんだもん。
前歯が全部なくなっちゃったさくらちゃん、歯が生えてくるまでボクのミルクがご飯だよ。


65 :ノーマッド ◆xcpYmMaS26 :02/10/20 17:09 ID:DmYpluoO
     l、、_     _,/'}
      |ヽ''~ ̄ ̄ ̄~`ヾ.      
     /_,,,..   ..,,,_.`v_'`、   
    /:  ━     ━   | ニ_}    なんて人たちだ。
    |::    ∈∋    ヽ  |   あきれてものも言えない。
  //::    -=,=.ヮ.     |ヽ、|  
  /'../::    /∠.._     |、.ノ
 /':::|:::      ̄ ̄      |./ .
 !-'L|::.             v'   
.   ヾ:::..           /.  .
.    , ゞ、、;;;,,_,,,..._;;;;;__,,..ノ、
    'ー┐,,..、_ ノ  l_,,,...、 _,,一`  

66 :CC名無したん:02/11/07 17:54 ID:YpL7XnKB
ビクッ.
 ∋oノノハヽヽハヽo∈
 Σ(;´D`≡´D`;)   < うお!なんかすごいところに迷い込んじゃったよ!
  .  / つ つ       
    (_⌒ヽ ドキドキ
      )ノ `Jззз



67 :恵一たん:02/11/07 21:25 ID:P07Fb3J+
>>1
イイ!

68 :CC名無したん:02/11/12 10:31 ID:Qkuyebq0
ろいたさ〜んっ!

69 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :02/11/13 04:01 ID:PP3iXu5o
は〜い!


70 :CC名無したん:02/11/15 15:46 ID:k+wNIfuU
ヽ(´O`)ノぁ〜ん!

71 :CC名無したん:02/12/03 16:35 ID:/JcPdClE
うっ…。このさくらさんの口臭は、
いったいナニが原因なのですか?

72 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :02/12/03 23:05 ID:qRRCj4vR
起きた後歯を磨かず、さらに朝食を抜いて来たせいですね
ちゃんと朝ご飯は食べようねさくらたん

73 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :02/12/08 23:11 ID:wqUDi4IF
「さくらの歯科治療」(10)
歯科医は再び器具を弄り回しはじめる。さくらには何をやっているのかはわからない。
「ちょっと痛いから気をつけてね。」と言ってさくらの口中に器具を差し入れ、
削った歯の人工的な窪みに接着剤を塗りつけた。
さくらは少しく刺激を覚えたが、反応するほどではなかったので安心した。
器具がさくらの口から出されると、歯科医はさっきの金属片を手にとって別の器具につけた。
その挙動一つ一つがさくらには不審に思えた。しかし同時に優しい歯科医の行為として信用できた。
さくらには、自らが性欲の対象とされることなど推すべくもない。
「はい、じゅあもう1回お口を開けてね。」
歯科医はさくらに口を開けさせ、金属片を付けた器具をその中に差し入れた。
そしてさっき接着剤を塗った所に金属片を押し当て、歯の形に合うように取り付けた。
「歯をガチガチしてみて、変な感じがするかな?」
歯科医の問いにさくらは歯を噛み合わせながら「ううん、大丈夫だよ。」と答えた。
「よし、じゃあ治療はおしまい。よくがんばったね。」と歯科医はさくらに言うと、
さくらは照れながら「はい、ありがとう!」と笑顔いっぱいにお礼を言った。
その屈託ない顔を見ると、情欲と背徳感に再び第3の足が反り立った。

「ありがとうございました!」とさくらはにこやかに診療室を出て行った。
歯科医はさくらの歯型をまじまじと見つめ、今度は本当の虫歯を治療できたらと心中で願っていた。
(完)


74 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :02/12/08 23:13 ID:wqUDi4IF
次の書きたいので終わらせました
次は以下の予定

「千春ちゃんとはいしゃさん」(予告編)
いつもの時間に、いつもの公園。いつもの2人が遊びに来た。
山崎君と千春ちゃん。幼稚園の頃からの仲良しさん。
2人とも小学6年生になり、少しずつ異性としての相手を本格的に意識しだしてきた。
そんな年頃とはいえ、仲良くなったときと同じように2人は睦まじく遊ぶ。

今日は特に何で遊ぶかは決めていなかった。
大体いつも千春ちゃんが決めていたが、今日は山崎君の方が先に発言した。
「はいしゃさんごっこがいいよ、はいしゃさんごっこをしようよ。」
いつも進んでは意見しない山崎君が珍しく積極的に提案をした。
「え?歯医者さんごっこ?・・・それって楽しいの・・・?」
千春ちゃんは今までしたことのない遊びに訝しさを感じた。
すると山崎君はちょっと眉を動かして、口を開きだした。
「歯医者さんごっこというのはね、明治時代に歯学博士の息子が〜」
「はいはいわかったわかった、歯医者さんごっこしようね。」
千春ちゃんはすぐに山崎君の口を塞いだ。そして歯医者さんごっこをすることになった。


75 :ヽ(´ー`)ノ:02/12/09 00:03 ID:Dav9za+X
ヽ(´ー`)ノ

76 :CC名無したん:02/12/10 20:04 ID:2vsym4RZ
歯医者さんごっこ期待sage!

77 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :03/01/06 04:23 ID:kMWJS2zr
なかなか書けない

78 :山崎渉:03/01/12 05:09 ID:aaYFeT04
(^^)

79 :CC名無したん:03/02/03 20:16 ID:+ZW5RK1b
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/download/1044085428/l50

80 :CC名無したん:03/02/03 21:45 ID:USxLosUj
良スレだ・・・半角二次元にも立ててしまおう

81 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :03/02/03 23:13 ID:Vtj6CNSG
>>80
こら!(;´Д`)ハァハァ

82 :CC名無したん:03/02/06 17:29 ID:ALk5i2XT
age

83 : :03/02/14 22:10 ID:W4Fz2m2U


84 :恵一:03/02/14 22:53 ID:0ykrkoJm
>>1
いい・・。

85 :CC名無したん:03/02/16 02:25 ID:GhU9n0jA
引き算で、名前だけを1にしたバカ。責任とってくださいね。
ユニオンって?

86 :CC名無したん:03/02/16 04:40 ID:ip7BMVkd
あああ

87 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

88 :CC名無しさん:03/02/16 12:25 ID:5w41mrva
いつもならこういう話は萌えるんだが、今歯を治療中なので読んでて痛い。

89 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

90 :CC名無したん:03/02/18 22:14 ID:ua7ZVFb7




91 :CC名無したん:03/02/26 02:10 ID:8LVoE03X
ああ

92 :CC名無したん:03/03/11 15:59 ID:GDQ+VmiX
さくらたんの歯をペンチで無理やり引っこ抜いたり折ったりしたい。

93 :CC名無したん:03/04/10 22:57 ID:qY3GjKnX
ほう・・・

94 :CC名無したん:03/04/12 09:34 ID:iSyrqHFp
age

95 :CC名無したん:03/04/12 14:28 ID:5PX5Ixjb
醜いよ。
「ひで!ひでででで!!」なるよ。

96 :CC名無したん:03/04/13 11:03 ID:GMRgmY2F
つーか、今の歯科じゃなくて、
もっと昔の、まあできれば中世ヨロッパあたりの
決して虐めでもなく、正当な医療行為として無麻酔でペンチで歯抜かれる
おんなのこ萌え

97 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :03/04/13 13:17 ID:NsmugvXA
虫歯でなくても、習俗としての抜歯とか歯を削ったりとか
縄文時代のさくらたんの歯を抜いたり削ったり(;´Д`)ハァハァ

98 :恵一たん:03/04/13 17:58 ID:VO02zlCd
このスレ頑張れ!

99 :CC名無したん:03/04/13 19:28 ID:wPkh9aZY
さくらたんの抜いた歯を口の中で転がしたい。

100 :CC名無したん:03/04/13 19:47 ID:0Rgw7la1
上唇を思いっきり引き裂く

101 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :03/04/13 20:52 ID:NsmugvXA
さくらたんの抜いた虫歯の穴を舐めたい

102 :CC名無したん:03/04/18 21:37 ID:yVUXfqQC
あああ


103 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

104 :山崎渉:03/04/19 23:38 ID:aj7xmET4
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

105 :CC名無したん:03/05/03 22:26 ID:5vIbtRLi
保守

106 :山崎渉:03/05/28 10:13 ID:fuR18zYa
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

107 :(;´Д`):03/06/25 17:08 ID:Yc2zU2Mn
なぜか歯はあまり萌えないなあ。でも記念に一本欲しい・・(;´Д`)ハァハァ

108 :(;´Д`):03/06/26 13:20 ID:9h2yYZBq
今日もさくらタンで抜きますたハァハァ

109 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :03/06/26 22:47 ID:H/Akz+Gx
うわあああああああああああああああああああ
やっぱりさくらたん専用の楊枝になりたい!
そして毎日さくらたんの食べカスを取る!取る!
体にさくらたんの食べカスが引っ付いて(;´Д`)ハァハァ
それをさくらたんが舐め取って(;´Д`)ハァハァ
すばらしい日々が送れそうなのに・・・

110 :(;´Д`):03/06/27 14:36 ID:/lHKP4YY
楊枝かあ・・・、それはそれでいいかもね!(;´Д`)ハァハァ

111 :CC名無したん:03/06/27 15:17 ID:ZxbI1bLd
美少女動画!!

http://www.excitehole.com/top.html

112 :山崎 渉:03/07/15 11:33 ID:ROUBHaSl

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

113 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:58 ID:IObhY8nl
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

114 :CC名無したん:03/08/04 19:03 ID:15K/9ZUl
49 名前:CC名無したん 投稿日:03/06/08 04:51 ID:7Mez6zKY
さくらたんの骨の音ってどんな音かな
普通の少女とおんなじ音かな

あのちっちゃい指を反対側に曲げて、骨の折れる音がききたいな
きっとすっごくかわいい音だと思うんだ。

両手合わせても10回しか楽しめないから、聞き逃さないようにしなきゃ。
口に布を詰めて、声で音をかき消されないようにして
小指から一本ずつ鳴らしていこうね。

反り返った指が動かなくなる一点、そこから思いっきり力を入れる。
きっととてもいい音がするね。
きっととても心地いい手ごたえだろうね。

あらぬ方向に捻じ曲がったちっちゃな指も、きっとカワイイんだろうなあ。


115 :山崎 渉:03/08/15 21:58 ID:4chyVi+l
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

116 :山崎 渉:03/08/15 22:54 ID:AJrGutei
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

117 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :03/08/19 23:41 ID:KfNBwUGo
「千春ちゃんとはいしゃさん」(1)
山崎君は、千春ちゃんをベンチに寝かせた。枕には、山崎君が持ってきたカバンを代用した。
初めてする遊びにおろおろする千春ちゃんを尻目に山崎君はせっせてきぱきと場を設けてゆく。
「パンパカパーン!」
最後に山崎君はズボンのポケットから棒切れを取り出した。
それは、白地の歯鏡。
「何でそんなの用意してあるのよーっ!」
千春ちゃんが激しくつっこむが、山崎君は満面の笑みでハハハハハと流す。

「さー、どうしたのかなぁ?」
「え?え、え、え」
突然山崎君が質問してきて、千春ちゃんは困惑する。
「ここは歯医者ですよぉ。何かあったんじゃないのぉ?」
「え?・・・あ、ああ、もう始まってるのね・・・えーと、歯が痛いんですけどー」
いきなり始めるなよと思いつつ、適当に応じる。
「そうですか、それじゃ見てみましょうね」
山崎君は嬉々として歯鏡を構える。
半分呆れた笑顔を浮かべて、千春ちゃんはそっと口を開けた。

118 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :03/08/19 23:42 ID:KfNBwUGo
「千春ちゃんとはいしゃさん」(2)
千春ちゃんがゆっくりと口を開くと、山崎君は上身を乗り出して眼下の千春ちゃんの顔を凝視した。
その細い目の瞳は見えないが、確実に千春ちゃんの口内に視線を集中させている。
千春ちゃんの口の中は、ちょっと恥ずかしい気持ちで熱って渇いていた。
唾液は粘度を高め、ちょっと太めの糸を1本引かせた。
その根元を支える舌はスモモ色に赤らみ、奥は緊張させて喉をしっかり閉じている。
山崎君は視点を彼女の歯に移す。千春ちゃんの歯は大きめながら綺麗に並んでいる。
千春ちゃんの全ての歯を、歯鏡を駆使して隅から隅まで見つめた。

じっくりと長い時間、山崎君は千春ちゃんの口内を覗き続けた。
いつも細めでニコニコしているばかりの山崎君とは別人のような雰囲気を醸し出している。
表情こそ平生と何ら変わるところがないが、千春ちゃんにはその違いが感じ取れた。
「(何なの、この迫力・・・たかが歯医者さんごっこなのに・・・)」

山崎君にとって、歯医者さんごっこは「たかが」などと形容するものではない。
見た目朗らかな人間という者は、心の奥底に暗く醜いモノを秘めているものである。
彼も例外ではない。彼の中には、幼い頃より芽生えた異常な性欲が棲んでいた。
そう、彼は女性の口内を見ることによって性的昂奮を催すのである。
今までは雑誌やテレビの女性の口内を見ることによって満たしていたが、
年々増してゆく性的欲求は実際の口内への接触を欲せしめた。
そして、最も親しく愛しい存在である千春ちゃんのそれを求めることになり、
今回遂にそれを実行したのである。

119 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :03/08/21 00:06 ID:sNpkrEJQ
「千春ちゃんとはいしゃさん」(3)
当然好きな娘によって自らの性欲を満たすことへの抵抗はあったが、
同時に彼にとって一番見たい口内は千春ちゃんのそれである。
そして、今日実物を見た。それは想像以上に美しい世界であった。
見るだにぷにぷにしていそうで、優しい色彩。
この娘と出会い睦べる自分に究極の幸福を見たと思った。

「ほーいはお?ほーあっへあぅお?(どうしたの?どうなってるの?)」
千春ちゃんは口を開けっぱなしでだるくなってきていた。
それを察してか、山崎君は一旦顔を千春ちゃんの伸びた薄い唇から離した。
山崎君は満足したわけではない。更なる欲望の行使を彼女に訴えた。
「さ、触っていい?口の中・・・」
あんなに流暢に虚言を並べ立てる山崎君がどもったのを聞き、千春ちゃんは驚愕した。
やっぱりいつもの山崎君じゃない――眼前の少年に対し僅かながら恐怖する。

「あ、あの、ほら、触らないとわからないことも、あ、あるから・・・」
たどたどしく言い訳をする山崎君。
その不自然さに訝しさを覚えつつも、彼に触られることに嫌悪はしないのでとりあえず諾った。

120 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :03/08/21 22:45 ID:rYEgXoly
「千春ちゃんとはいしゃさん」(4)
「じゃ、じゃあいくよ」
やれやれと思いつつ、千春ちゃんは山崎君の指の侵入を許すように再度アーンと口を開けた。
山崎君の指はためらい気味に唇の間を通る。やがて舌に異物感が生じた。
指は千春ちゃんの舌に触れてすぐにふっと離れた。
さっきと違って千春ちゃんの口内粘膜は沢山の唾液に包まれていて、
離れた指と舌の間を1本の太い筋が伝う。
山崎君は、初めて触れる少女の粘膜の感触に驚き、つい瞬時に離してしまった。
こんなにも温かく、柔らかく、滑らかなもの。
これが、本物の口の中。女の子の。一番大好きな。

気を持ち直し、山崎君はもう一度指を千春ちゃんの唇の向こうに差し入れる。
下の前歯に触れた。硬いけど、温かくてツルツルして心地良い。
そのまま指を滑らせ、犬歯から臼歯へと進んでゆく。
小臼歯のゴツゴツ鋭い凹凸が唾液のぬめりと相俟って奇想天外な感触を指に与える。
そして大臼歯。まだ上下左右に1本ずつしかないそれの存在感はすごい。
指を大きなくぼみに嵌め込むと、ちょっと安心するような気がした。

ふと、千春ちゃんの表情が一瞬固まった気がした。
ただその後何の異状も見られなかったので、自らの欲望のままに口内愛撫を続行した。

121 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :03/08/21 22:46 ID:rYEgXoly
「千春ちゃんとはいしゃさん」(5)
ベンチに寝かされて口をあんぐり開けている千春ちゃんと
その千春ちゃんの口の中を好き放題にまさぐっている山崎君。
この異様な状態がもう10分以上も継続されている。

山崎君が千春ちゃんの口内から指を抜き取った。
指先は白くふやけて、光沢を放ち幾つか泡を載せている。
その指先を鼻に近づけ、匂いを嗅ぐ。ぷわあんと軽い臭気が鼻をくすぐり、しばらく陶酔した。
これが千春ちゃんの唾の匂い・・・臭くて、いい匂い・・・。

はっと我に返ると、千春ちゃんが目を剥いてこっちを見ていた。
しまった!つい欲望に任せて匂いを嗅いでしまった!
こっちを見てるよ・・・そりゃ不自然だろうなあ・・・。
「・・・何やってんの?」
大粒の汗を垂らしながら、千春ちゃんは訝しげに山崎君を見上げる。
「あは、あははははは、もう一度お口の中を見せてもらおうかなあーっと。」
段々心配になってきた千春ちゃんだが、従順に口を開けて山崎君の目を導く。
山崎君は、おろおろしながら歯鏡を千春ちゃんの口内に突っ込み、もっと詳しく「診る」ことにした。

122 :CC名無したん:03/09/07 23:11 ID:zH0AQR2H
続きが気になるじゃないか・・・

123 :CC名無したん:03/09/09 02:22 ID:GASLu3lR
kl

124 :CC名無したん:03/09/10 22:02 ID:vD1RoDt+
あべぽ

125 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :03/10/13 22:48 ID:yLCb2wwu
ぼつぼつ続き書くかな・・・妄念も溜まってきたし

126 :CC名無したん:03/10/24 11:00 ID:zMHljSTl
>>125
期待してるからがんがって

127 :CC名無したん:03/10/26 02:45 ID:aCCoTG3A
>>125
そうそう、がんがって〜

128 :CC名無したん:04/02/09 19:46 ID:ig17Ww8v
このスレってまだ生きてる?

129 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :04/02/10 03:03 ID:1keZhtqJ
あうあう(;´Д`)

130 :CC名無したん:04/04/03 07:31 ID:Po8BxnBL
さくらちゃんお口開けて

131 :CC名無したん:04/05/01 17:14 ID:Im6741Wc
俺の親知らずをさくらたんに抜いて欲しい。

132 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :04/05/12 22:53 ID:MLzt8IT+
僕は、治療した虫歯に詰められる金属です。
このたび、木之本桜ちゃんという女の子の詰め物になりました。

初めて出会ったとき、この子に運命を感じました。
こんな、こんな可愛い子の詰め物になれるなんて・・・。

僕は世界一の幸せ者です。
毎日毎日僕はさくらちゃんが口に入れた食べ物を砕いていきます。
堅いもの、柔らかいもの、色々な食べ物が
噛まれて唾液を混ぜられてくちゃくちゃになっていきます。
この営為に参加できる自分が誇らしく思えます。
愛しいご主人様であるさくらちゃんの生命活動に貢献できているなんて。

133 :炉板通信 ◆mwhG4Chris :04/05/12 23:03 ID:MLzt8IT+
僕が一番幸せを感じる一時、それはさくらちゃんが食事を終えたあと
歯を舌で舐めて拭ってくれる時です。
当然僕のことも舐めてくれます。やさしくて、あたたかなさくらちゃんの思いやり。
いっぱい唾液をつけて、くぼみにあたる僕の表面を舌先で撫で回してくれます。
あまりに気持ちよくて、もしちんこがあったら射精するだろうと思うほどです。

僕は、ずっとずっとさくらちゃんと一緒にいたいと思います。
だから、さくらちゃんがしっかり歯を管理してくれることをいつもいつも願っています。
でもさくらちゃんはまだ子供。歯磨きも拙くて磨き残しが結構あります。
さくらちゃん・・・治療跡は虫歯が再発しやすいんですよ・・・。
僕は死ぬまでさくらちゃんと一緒にいたい。だからさくらちゃん、歯を大事にしてね・・・。

134 :堕辰子:04/05/13 07:03 ID:OGYRcZjd
ついでに舌もぬいとけ!!
抜いとけ、でも縫いとけ、でもいいぞ

135 :CC名無したん:04/05/13 21:42 ID:ZT+sWMiH
歯を全部抜いちゃったさくらたんのお口に、僕の固くて太くて長いちんぽを加えさせた。
ああ、ああ、ああ、とっても気持ちいいよ、さくらたん。
歯茎の感触がとってもいいよ。
喉の奥にたっぷり出してあげるからね。

136 :CC名無したん:04/05/13 22:26 ID:RAgWjyBM
ほぇぇぇ

137 :CC名無したん:04/05/13 22:52 ID:pidUFbfj
2 :以上、自作自演でした。 :04/05/12 19:07
2げtしたら妹を押し倒す

・立て逃げスレにおける↑の発言に対して煽ってる間にコイツが暴走。

82 :2 :04/05/13 21:11
明日親が遅い日だから決行するよ。
みんな、オレに勇気を別けてくれ!

・この書き込みのあと妹祭が勃発! 君も今すぐ参加!
 祭の会場は↓で
【吸収】ドラゴンボールのセルだ【完全体】
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1084450025/


45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)