5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

知世ちゃんが最高

1 :さくら:02/11/30 21:57 ID:OZkSNztg
知世ちゃんのスレが少ないのはなぜ?
知世ちゃんのフィギュアが売り切れ、絶版はなぜ?


46 :CC名無したん:02/12/04 15:32 ID:pJ7+YgUO
>>16

「またこの子ったら…」

あたしは大きなカメラを手にしたわが娘を見つけた。娘は窓辺に座り込んで、
父親の形見の大きな高級カメラのシャッターを押し続けていた。もちろん、
カメラにはフィルムは装填されていない。

あたしは娘のとなりにしゃがみこみ、娘に話しかけた。
「ほら、あなたのカメラはこれでしょ? そのカメラはさわっちゃだめよ」

あたしは娘の手から大きなカメラを取り上げ、小さなおもちゃのカメラを
その手に押し込んだ。娘はなにも言わず、その小さなカメラでも満足そうに
シャッターを押し続けている。

そんな娘の姿を見ながらあたしはため息をついた。

「ね、知世ちゃん。 ママとお人形で遊ばない?」

娘はシャッターを押し続ける手を止め、あたしの方を向いた。
「はい、おかあさま。お人形で遊びますわ」

娘はもう4歳になる。
この年頃の女の子にしてはかなり珍しく、お人形遊びやままごとにはまるで関心がない。
男の子のように、カメラや携帯電話ばかりいじっている。
それ以外の点では申し分のない娘に育ってくれた。かわいらしくて、
おしとやかで、素直で聞き分けがいい。
だからかえって、この点だけがかなり気になってしまう。



47 :CC名無したん:02/12/04 15:46 ID:pJ7+YgUO
カメラは夫のものだ。
その夫は昨年、事故で帰らぬ人となってしまった。
いまではあたしは夫の残したおもちゃ会社をひきつぎ、死にものぐるいで
働いている。

夫の死を正面から受け入れることのできないあたしは、
あたかも夫がそもそも最初からこの世に存在していなかったかのように、
彼のことはいっさい語らない。また周りの人たちもあたしたちを
気遣ってくれて、夫のことに触れないでいてくれる。
夫は死の直前まで会社の新規事業に没頭していた。その事業の途中で
断念しなければならないというのは、いかに無念なことだろう。
あたしは妻として、夫の事業を続ける義務を感じた。
幸い、夫はあたしのように企業経営などなにも知らない女でも
企業を効率的に経営していくことのできるような体制と人材を
整えて置いてくれていた。
いまではなんとか新規事業も順調に進行して、大道寺家は小さな
コングロマリットを形成しつつあった。

娘は夫にそっくりだ。メカが好きで、ほおっておいたらいつまでも
夫の大切にしていた高級カメラをいじっている。夫の形見のカメラを
壊されたらたまらないので、あたしは娘におもちゃのカメラを与えた。
娘はそのおもちゃカメラをおとなしく受け取ったが、内心ではあまり
好きではないらしく、あたしが目を離すと今日のように「本物の」カメラを
探し出していじりまわす。

132 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)