5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ガンダムバトルロワイヤル 第三回大会 第14章

1 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/23 23:06 ID:???

   狭まるエリア。減っていく参加者。傷の増え続ける身体とMS。
   そして、揺れる魂たち。

   終わりに向けて加速し続ける物語。
   その先に待ち受ける運命は?
   そして、最後に生き残るのは、誰?

   宇宙(そら)に、唄が響く。
   La―La――La―La――と、声無き唄声が。



  ガ ン ダ ム バ ト ル ロ ワ イ ヤ ル

        第三回大会、第14章。

      現在 生存 9名。 死亡 17名。


   唄声が導く未来は、希望か、絶望か。  



 第三回大会の新規参加者の募集は、既に打ち切りました。

 何か気になったROMの方は、お気軽に管制室までどうぞ。
 第四回大会の開催も計画されています。

 ルール等の詳細は>>1-15くらいに。

前スレ
ガンダムバトルロワイヤル 第三回大会 第13章
ttp://comic4.2ch.net/test/read.cgi/x3/1085242314/l50

感想・議論用スレ
ガンダムバトルロワイヤル第十管制室
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1082728780&ls=50

基本情報・人気投票
第三回ガンダムバトルロワイヤル管制室データフォルダー
ttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Name/2598/top.html

ネタ・遊び・気長な議論
ガンダムバトルロワイアル緊急避難所
ttp://jbbs.shitaraba.com/anime/1156/

2 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/23 23:06 ID:???
 @ 過去スレ @

・第一回大会 本スレ
第一章:ガンダムでバトルロワイヤルやってみよ〜
ttp://comic.2ch.net/shar/kako/1038/10383/1038324132.html
第二章:【生存21名】ガンダムTHEバトルロワイヤル【死亡1名】
ttp://comic.2ch.net/shar/kako/1039/10391/1039169588.html
第三章:【知略】ガンダムバトルロワイアル第3章【陰謀】
ttp://comic.2ch.net/shar/kako/1041/10410/1041070641.html
第四章:【裏切り】ガンダムバトルロワイヤルpart4【信念】
ttp://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1042612295/
終  章: ガンダムバトルロワイヤル最終戦場(諸事情によりアクシズ)
ttp://ime.nu/www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi/shar/1048332637/

・第二回大会 本スレ
第一章: ガンダムバトルロワイヤル第二回大会 
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1049713319/
第二章: ガンダムバトルロワイヤル第二回大会lt;二章gt;
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1053350734/
第三章: ガンダムバトルロワイヤル第二回大会第三章
ttp://pc4.2ch.net/test/read.cgi/x3/1055663266/
第四章: ガンダムバトルロワイヤル第二回大会第四章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1058684058/
最終章:ガンダムバトルロワイヤル第二回大会終章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1063012783/l50

・第三回大会 本スレ
第一章:ガンダムバトルロワイヤル 第三回大会 第一章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1069427705/l50
第二章:ガンダムバトルロワイヤル 第三回大会 第二章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1071387802/l50
第三章:ガンダムバトルロワイヤル第三回大会 第三章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1073650712/l50
第四章:ガンダムバトルロワイヤル第三回大会 第四章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1074521682/l50
第五章:ガンダムバトルロワイヤル第三回大会 第五章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1075739989/l50
第六章:ガンダムバトルロワイヤル第三回大会 第六章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1076854569/l50
第七章:ガンダムバトルロワイヤル 第三回大会 第七章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1077892615/l50
第八章:ガンダムバトルロワイヤル 第三回大会 第八章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1078844556/l50
第九章:ガンダムバトルロワイヤル 第三回大会 第九章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1079965231/l50
第十章:ガンダムバトルロワイヤル 第三回大会 第十章
ttp://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1081145096/l50
第11章:ガンダムバトルロワイヤル 第三回大会 第11章
ttp://comic4.2ch.net/test/read.cgi/x3/1082392388/l50
第12章:ガンダムバトルロワイヤル 第三回大会 第12章
ttp://comic4.2ch.net/test/read.cgi/x3/1083939332/l50
第13章:ガンダムバトルロワイヤル 第三回大会 第12章
ttp://comic4.2ch.net/test/read.cgi/x3/1085242314/l50

3 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/23 23:07 ID:???
・議論、感想スレ
ガンダムバトルロワイヤル避難所
ttp://comic.2ch.net/shar/kako/1041/10410/1041000462.html
ガンダムバトルロワイヤル避難所part2
ttp://comic.2ch.net/shar/kako/1041/10418/1041856658.html

ガンダムバトルロワイヤル管制室(アクシズ)
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1043595608&ls=50
ガンダムバトルロワイヤル第二管制室
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1052406249&ls=50
ガンダムバトルロワイヤル第三管制室
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1058521848&ls=50
ガンダムバトルロワイヤル第四管制室
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1071500120&ls=50
ガンダムバトルロワイヤル第五管制室
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1074503247&ls=50
ガンダムバトルロワイヤル第六管制室
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1075186692&ls=50
ガンダムバトルロワイヤル第七管制室(間違えて『第六』となってますがそこはスルーで)
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1076855882&ls=50
ガンダムバトルロワイヤル第八管制室
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1078064089&ls=50
ガンダムバトルロワイヤル第九管制室
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1079886241&ls=50
ガンダムバトルロワイヤル第十管制室
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1082728780&ls=50


 @ このスレッドについて @

このスレッドでは、一人の参加者が一人の『生徒』を担当し、リレー形式で話を進めていきます。
(すでに第三回大会の新規参加者は、受付を終了しました)

参加希望者は管制室で受けつけをし、クジ引きによって『機体』と『支給武器』を決定しました。
彼らには、「宇宙世紀」という縛りの中で自由にキャラクターの設定をしてもらいました。

それぞれの人がそれぞれの登場人物を受け持ち、その行動方針から行動の結果まで、全て決定します。
常識を外れた過剰な行動を防ぐために、『行動値』や『移動』などのルールが設定され、
また、千日手防止や偶然性の演出などのために、『ID判定』のルールが用意されています。

しかし、それでも参加者の自由度はかなり高いものです。
参加者も読者も、くれぐれも節度を持ってこのスレを楽しむようにして下さい。

4 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/23 23:08 ID:???
 @ 行動値ルール関係 @
このスレでは『行動値』というものが設定されています。描写と共に、これを消費しつつ行動を行います。
一人の人間が行動できるのは、現実時間の一日ごとに4P分だけです。

行動値がリセットされるは、現実時間の午前0時です。
行動値が必要な行動としては、
『移動』『探索』『整備』『戦闘行動』『通信』『変形(可変MSの場合)』などが代表的です。
行動値が要求されるのは大きな行動のみで、ちょっとした動作などには必要ありません。
会話も、『通信開きっぱなし』『接触回線での会話』『生身での会話』なら行動値無用です。
ただし、劇中で時たま使われる『全体通信』のみ行動値を2点消費します。注意してください。

尚、行動の描写の後には、位置、所持武器、行動方針、同盟相手等を明記して下さい。
観客の理解や、参加者間の認識の食い違い防止に、大きな助けになります。


 @ 戦闘 @
このスレの戦闘では、最も重要なルールがあります。
それは 『攻撃の結果は、攻撃側の描写を受けて防御側が決定する』 ということです。
撃破されたか、腕が吹き飛んだが、かすったか、シールドで防いだかなど、防御側に決定権があります。
 『先行破壊』は厳禁です!
回避の術のないゼロ距離射撃なども『先行破壊』と見なされることがあるので、注意しましょう。

戦闘時の行動については、
『ビームライフルで攻撃』『ミサイル一斉射撃』『回避』などがそれぞれ行動値1点分の行動になります。
攻撃の際は、攻撃目標を明記するようにしてください。
撤退については、まず戦闘地帯からの『撤退』で行動値1点分になります。
これは同一エリア内での移動なので、隣のエリアに移動する際にはさらに行動値が必要です。

目安として、1点分の行動値の攻撃を防御・回避するのに、1点の行動値を必要とします。
防御を省みずダメージを受けるままにすれば、行動値を使う必要はありません。

ルールとしての縛りは最低限にし、機体や乗り手の優劣は書き手の裁量に任せています。
くれぐれも節度を守っていきましょう。

5 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/23 23:09 ID:???
 @ 特殊ルール『達成値』(通称ID判定) @
『達成値』とは、そのカキコで取った行動の成功・失敗をIDで決めるルールです。

このルールは当事者双方の合意があった場合にのみ、使用します。
特に戦闘においては、延々と回避が続く千日手を防止する意味でよく使用されます。

使う場合はメール欄を空欄にしてIDを表示して下さい。
出てきたIDに含まれる数字を使い、その行動の『達成値』を決定します。
基本的にIDの文字列に含まれた最も大きな『数字』が『達成値』となります。

『In3rKPcy』の場合、含まれている数字は『3』のみなので、『3』となります。
『Atw4g6Qg』では、数字の『4』と『6』がありますが、大きい方をとって『6』と判定します。
『oHI+CUmX』のような数字の入っていないIDは『0未満』とします。
大文字の『N』または『T』があれば『9よりも上』です。『sp02X9NK』『a0Tf/jEj』のように。
さらに『Ttw4g6Ng』のように、『NT』の2つの大文字が揃えば『NやT一文字より上』です。
小文字の『n』『t』は、いくら入っていても無意味です。無視して下さい。

 早見表
NT(二文字かつ大文字)>N or T(一文字かつ大文字)>9>8>7>6>5>4>3>2>1>0>数字なし

基本的に、両者の合意があったときのみ使うものです。
戦闘時には使うのが慣例ですが、義務ではありません。戦闘時以外でも使って構いません。
判定後、敗北側は『なんらかの不利な結果』を受けるようにして下さい。その程度は問いません。
IDの値の差の大きさを、損害の程度に結びつける必要もありません。

もしもその気ではなかった場合には、拒否しても結構です。
しかし、IDを出しておきながら判定を拒否したり、無視が多過ぎれば叩かれることになります。
くれぐれも節度を守ってください。


 @ 所持品 @
初期に支給されるものとして、原作通り
『ディパック』『首輪』『コッペパン2つ』『水2g入り2本』です。
さらに今回は、宇宙ステージということで『ノーマルスーツ』も支給されます。
後は、参加者が誘拐された時に持っていた『私物』を持ち込むことができます。

6 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/23 23:10 ID:???
 @ マップ @
『A〜Z × 1〜24』の624マスで構成されています。詳しくは後に示します。
毎回、今何処にいるのかを明記して下さい。
禁止領域は放送の時に予告され、放送後、現実時間で48時間後に爆破のスイッチが入ります。
尚、参加者は最初から地図を所持していますが、他の参加者の場所は表示されません。


 @ 移動 @
行動値を1点使うことで、マップ上のエリアを1マス移動することができます。
移動可能な方向は上下左右だけで、斜め移動はできません。
MAや、艦船やSFSに乗ったMSは『開けた空間』なら1点の行動値で2マス移動できます。
ただし、どの場合も『想定以上の荷重』(MSを載せ過ぎるなど)が加わると、ボーナスを失います。
艦船に乗っている場合、一人が艦ごと【移動】すれば、一緒に乗っている人も同時に移動します。
それ以外の場合では、移動時には常に行動値を消費して下さい。
他者の手で受動的に移動した場合でも、それに抵抗しないのならば、移動量に相当分の行動値を消費して下さい。
なお、マップの『外側』は『侵入禁止区域』と同じ扱いになっています。


 @ 索敵 @
どれだけ遠くの敵を察知できるのかは、搭乗している機体ごとに異なります。
策的範囲は、通常機で周囲2マス、艦船・狙撃型で3マス、偵察機で4マスとなっています。

他の参加者の位置を確認し、その範囲内に入っていれば、劇中でも「発見」できます。
当然、地形ごとに見やすさは変化しますが、その点は描写で表現して下さい。
(『開けた空間』ならはっきりと相手の機種まで特定できるでしょう。
 『暗礁空域』に潜む敵は、一度存在に気づいても途中で見失うかも?)
ちなみに、通常の「通信」で通信ができる範囲も、この策敵範囲と同じ範囲です。
「見えている相手とだけ通信できる」と考えて下さい。


 @ 爆弾 @
爆弾は、機体と、参加者の首輪につけてあります。
首輪の爆弾には、タイマーが仕込まれており、タイマー延長コードが定期的に打ち込まれています。
管理側が爆破コードを打ち込むか、延長コードが打ち込まれずにタイマーがゼロになると、爆破します。

明らかにされている首輪の爆破条件は、以下の通りです。
  立ち入り禁止区域に踏み込む/それまでいた場所が立ち入り禁止区域になる
  戦場フィールドの外に出る
  支給された機体を失い、かつ別の機体を獲得できない場合
これ以外にも爆破される条件があるかもしれませんが、詳細は不明です。


 @ 参加者の持つ情報 @
劇中の参加者は、現実世界の読者と同じ情報を持っているわけではありません。

まず、彼らは、(随時スレ内で表示されている)他の参加者の位置を知りません。
他のMSと対面した場合、相手の機体名は分かりますが、性能は分かりません。
初期支給MSと参加者の名前の組み合わせは分かりますが、途中で乗り換えた場合は分かりません。
また、他の参加者が脱落しても、それをすぐに知ることはできません。
脱落者の情報は、定期放送で耳にして初めて知ることができます。

ただし、これらは原則です。
NT能力を発揮したり、現場で乗り換えや死亡を見ていれば、この限りではありません。
特殊な支給品によって情報を得られる場合もあります。
『プレイヤーの知っている事』と『キャラクターの知っている事』の混同に、くれぐれも注意して下さい。
迷った場合は、管制室で相談してみて下さい。

7 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/23 23:11 ID:???
 @ 放棄された参加者 @
長期に渡って書き込みがない場合、『スレへの参加の放棄』とみなします。
用事などで書き込みできないことが分かっている場合、管制室で相談して下さい。
何の宣言もなく長期間放置された場合、管理側で『この参加者は『放棄』された』と認定します。
こうして『放棄』された参加者を攻撃した場合、特例として、攻撃側が結果を書くことができます。
つまり、積極的に頑張っている参加者の『肥料』にする、ということです。

目安としては、2週間 音沙汰がなかった場合、この判断を下します。
あらかじめ『参加不可能宣言』が出ていればこの限りではありません。


 @ 戦艦運用ルール @
支給武器や色々なイベントで『戦艦』が手に入ることがあります。
その際は以下のルールに従って運用して下さい。

*戦艦にMSが着艦する際には、衝突しないようかなり注意した操縦が必要です。
 また発艦する際には、機体の起動やカタパルトの操作が必要です。
 これらのことを踏まえ、【着艦】【発艦】にはそれぞれ1点の行動値を消費して下さい。

*ブリッジ(操縦席)と格納庫はかなりの距離が離れています。
 ブリッジ・格納庫間を移動する際は、【移動】として行動値を1点消費して下さい。

*ブリッジにいる人間は、行動値を使って戦艦を【移動】させることができます。
 戦艦は、1点の行動値で『開けた空間』を2マス進むことができます。
 この場合、戦艦に乗っている全ての人間・MSが行動値を使うことなく一緒に移動します。
 ただし、ブリッジに何人いても、24時間で【艦の移動】に使える行動値は合計4点までです。
 艦を移動させた後、MSを【発艦】させて【移動】するのは自由です。

*戦艦の特典の一つとして、格納庫の存在が挙げられます。
 この格納庫にMSを収容することで、簡単な補給・修理作業が行えます。
 ただし初期状態では、ちょっとした補修を行う材料と予備の推進剤はありますが、
 武器・弾薬・脱出用ランチなどは一切搭載されていません。

*本来、戦艦というものは、何人もの専門家が役割分担してやっと動かせる存在です。
 一人でも動かすことは不可能ではありませんが、
 操舵・武器管制・通信の各システムはブリッジの中でもそれぞれ離れた位置にあります。
 (さすがに行動値を使って移動する必要はありませんが、描写の際には注意して下さい)


 @ 要点 @
色々ややこしく書きましたが、

@ 行動は基本的に自由。
@ 戦闘の結果は『攻撃を受けている側』が決める。
@ 『両者の合意があった場合』、達成値を使用する。
@ 自分の居場所を毎回、明記しておく。
@ 侵入禁止区域にいた場合は有無を言わさず死亡。
@ 基本は原作と同様。
@ 分からない点があれば、管制室で先生に聞く。
@ 管制室での抗議は、冷静に、論理的に、相手に敬意を持って。

という以上の8点を守って下さい。あとは、楽しく殺しあいましょう♪

8 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/23 23:13 ID:???
 @ 会場宙域地図 @

  A B C,D E,F G,H. I ,J K L M,N O.P.Q.R S,T U V,W,X,,Y Z 
01■■■■□□□□□■■■■□■■□□□■■■■■□■
02■※■□□□□□□□■■■■■□□□□□□■■■■※
03■□□□□□※□□□□■■□□□□□□□□□■■■■
04□□□▼▼□□□□□■※■□□□□□□□□□■※■■
05□□□□▼▼□□□□■■■■□□□〓〓□□□□□□■
06■□□□□□□□□■□□□□□□□□□□□■□□□□   □:開かれた空間
07※■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□□□□□   ■:暗礁空域
08■※※■□□□□□〓〓□□□□□■□□□※※□□□□   ※:戦場跡
09■■※■■□□□□□□□□□□□□□□※□※□□■■   〓:コロニー
10■■■■■□□□□□□□□■□□□□※※※※※□□■   ▼:小惑星基地
11■□■■■■□□■□□■□■■□□□□※※※□□■■   ≠:崩壊したコロニー
12■■■■■□□□□□□■■■■■■□□□※□□■■■   ▽:爆破された小惑星基地
13※■■■□□□□※□■■■□■□■■□□□□□■□■ 
14■■□■□□□▼□□□■※■□■□□□□□■■■■■   ◎:侵入禁止区域
15■■■■■□□▼□□□□■■□□□□□□□■■※■■   ×:侵入禁止予告区域
16■□■■□□□□□□□□□□□□□□□□※□□■■■
17□□■□□□□□□□□■■■□□□□≠≠□□□□□■
18※□□□□□□□□□■■■□□□□□□□□□□□□□
19□□□□□□■□□□□■■■■□□□□□□□▼□□□
20□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□□▼▼□□□
21□□□〓〓□□□□□※□※※□□□□□□▼▼▼□□□
22■□□□□□□□□※※※※□□□□□□▼▼▼▽▼□□
23■■□□□□□□□□※※※□■□□□□□▼▼▼□□□
24※■■□□□□□■□□※※■■■□□□□□□□□□■

9 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/23 23:14 ID:???
 @ 各地形の解説 @

□ 開けた空間
 ほとんどデブリもない、開けた宇宙空間。
 移動は極めて楽ですが、遠くからも視認されやすく、物資の獲得はほぼ望めません。
 MAや、SFS・艦船に乗っているMSは、1点の行動値で2マス分移動できます。

■ 暗礁空域
 壊れたコロニーの残骸や、岩塊を中心としたデブリ地帯です。
 移動時には慎重に動かないと、岩塊に衝突して自滅するでしょう。
 身を隠したり生活物資を探したりするにはいいですが、戦闘関係の物資はほとんどありません。

※ 戦場跡
 暗礁空域よりも密度が薄く、戦艦やMSの残骸を中心としたデブリ帯です。
 どうやらここは、昔戦闘があった跡のようです。
 無傷のものはほとんどありませんが、多少は武器や弾薬・推進剤の補給が見込めるでしょう。
 ただ、見たくもないような無惨なものを見てしまうかも知れません。

〓 コロニー
 無人となったコロニー。重力と空気は残っていますが、住民はいません。
 生活用品を中心に、さまざまな物資を獲得することができるでしょう。
 マップ上、2マス分で一つのコロニーとなります。全部で4基存在しています。
 (うち、ひとつは破損し、空気が失われています。他の3基は空気が残っています)

▼ 小惑星基地
 ルナ2やアクシズのような小惑星軍事基地です(その両者よりも小さめですが)。
 エリア内には、大中小の3つが存在しています。
 施設が整っていて、多少の武装強化も望めますが、中は入り組んでいて迷路のようです。
 戦闘するにも探索するにも、緊張を強いられることになるでしょう。

≠ 崩壊したコロニー
 壁にいくつも穴が開き、空気が全て失われてしまったコロニーです。
 大気と共に色々なものが飛び去ってしまい、また内部は冷たい真空に晒されています。 
 ですがコロニー全体の形はまだ留めており、港湾部の施設などには空気が残っています。
 物資の調達などの目的には、ある程度使えるでしょう。

◎侵入禁止区域
 ティーチャーにより立ち入り禁止が告げられたエリアです。
 このエリアに侵入すると、参加者の首につけられた首輪が問答無用で爆発します。
 みなさん、くれぐれも移動の際にはご注意を。

×侵入禁止予告区域
 ティーチャーにより、間もなく侵入禁止区域になることが予告されたエリアです。
 予告から現実時間で48時間経過すると、上の侵入禁止区域に変化します。

▽爆破された小惑星基地
 開始時から禁止エリアだった領域。かつてプログラムを管理する管制室がそこに存在していました。
 期間限定イベント『リセット・チャンス』によって立ち入り禁止が解除され、その後、爆破されました。
 運営管理に使っていたものは残っていません。

10 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/23 23:15 ID:???
 @ 各地形の解説 @

□ 開けた空間
 ほとんどデブリもない、開けた宇宙空間。
 移動は極めて楽ですが、遠くからも視認されやすく、物資の獲得はほぼ望めません。
 MAや、SFS・艦船に乗っているMSは、1点の行動値で2マス分移動できます。

■ 暗礁空域
 壊れたコロニーの残骸や、岩塊を中心としたデブリ地帯です。
 移動時には慎重に動かないと、岩塊に衝突して自滅するでしょう。
 身を隠したり生活物資を探したりするにはいいですが、戦闘関係の物資はほとんどありません。

※ 戦場跡
 暗礁空域よりも密度が薄く、戦艦やMSの残骸を中心としたデブリ帯です。
 どうやらここは、昔戦闘があった跡のようです。
 無傷のものはほとんどありませんが、多少は武器や弾薬・推進剤の補給が見込めるでしょう。
 ただ、見たくもないような無惨なものを見てしまうかも知れません。

〓 コロニー
 無人となったコロニー。重力と空気は残っていますが、住民はいません。
 生活用品を中心に、さまざまな物資を獲得することができるでしょう。
 マップ上、2マス分で一つのコロニーとなります。全部で4基存在しています。
 (うち、ひとつは破損し、空気が失われています。他の3基は空気が残っています)

▼ 小惑星基地
 ルナ2やアクシズのような小惑星軍事基地です(その両者よりも小さめですが)。
 エリア内には、大中小の3つが存在しています。
 施設が整っていて、多少の武装強化も望めますが、中は入り組んでいて迷路のようです。
 戦闘するにも探索するにも、緊張を強いられることになるでしょう。

≠ 崩壊したコロニー
 壁にいくつも穴が開き、空気が全て失われてしまったコロニーです。
 大気と共に色々なものが飛び去ってしまい、また内部は冷たい真空に晒されています。 
 ですがコロニー全体の形はまだ留めており、港湾部の施設などには空気が残っています。
 物資の調達などの目的には、ある程度使えるでしょう。

◎侵入禁止区域
 ティーチャーにより立ち入り禁止が告げられたエリアです。
 このエリアに侵入すると、参加者の首につけられた首輪が問答無用で爆発します。
 みなさん、くれぐれも移動の際にはご注意を。

×侵入禁止予告区域
 ティーチャーにより、間もなく侵入禁止区域になることが予告されたエリアです。
 予告から現実時間で48時間経過すると、上の侵入禁止区域に変化します。

▽爆破された小惑星基地
 開始時から禁止エリアだった領域。かつてプログラムを管理する管制室がそこに存在していました。
 期間限定イベント『リセット・チャンス』によって立ち入り禁止が解除され、その後、爆破されました。
 運営管理に使っていたものは残っていません。

11 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/23 23:16 ID:???
 @ 最後に参加者様へ @

バトロワ参加者心得

一つ、場の空気を読む努力をする。
一つ、戦闘時、無理やり人を自分の土俵に引き込まない。
一つ、極力、相手がなにをしたいかを考える。
一つ、自分勝手な行動をしない。
一つ、放棄しない。
一つ、観客もいることも頭に入れておく(管制室を読まない読者の存在も忘れずに)
一つ、誤字、脱字、変換ミスには気をつける。
一つ、ID待ちはしない(みんな、案外見てますよ)。
一つ、叩かれたら、怒らず、まずは自分を見直す。
一つ、管制室での質問・抗議・意見などは、穏かな口調で冷静に。決して煽らない。
一つ、全てにおいて節度を守る。自分は職人だと自覚する。
一つ、『生きる』為の戦いではなく『魅せる』為の戦いを心がける。
一つ、死んでも泣かない。
一つ、エロスは大事、でも程々に。
一つ、『キャラは憎めどプレイヤーは憎まず』の精神で、互いに敬意を忘れないでオネガイ
一つ、終盤です。悔いのないよう、気合入れていきましょう。


12 :通常の名無しさんの3倍:04/06/23 23:29 ID:WccTC594
七色の黄昏降りて来て 風はなんだか涼しげ 土曜日の夜はにぎやか
街角は いつでも人いきれ それでも陽気なこの街 いつでもおめかししてるよ

暗い気持さえ すぐに晴れて みんな うきうき
Down townへくり出そう Down townへくり出そう Down townへくり出そう

シャボン玉のように消えてゆく 今宵限りの恋もまた楽し 夜はこれから

13 :リナルド=グレイス ◆Mcwo3DUBbU :04/06/25 22:28 ID:3zLxc0y2
「……痛いんだぜ、これ……。
 でも……、もっと痛むところがあるんだ……」

ヤクト・ドーガが動いた。
ペズ・バタラが何かを投擲したのは既に知覚している。
ハイパー・ハンマーにビーム・ダガーが突き刺さり、ヤクト・ドーガはそのままハンマーを放った。

(そうかい……。
 戦いを止めろとか言っておいて、てめぇやっぱり俺の邪魔するってんだな……)

『……死ねる訳ない!
 ここで死んだら、私の為に生命を投げ出したトリィに、申し訳たたないっ!
 私の為に傷ついたシェラさんに、何も報いてあげられないっ!』

(君のために傷付き続ける俺は、アウトレンジなわけね)

彼はふぅ、と溜め息を吐いた。
――ああ、こんな孤独感を味わうのは久し振りだな……
口には出さずとも、内なるリナルドが呟く。

疎外感と言うか、何と言うか。
……オレノイバショハ ヤッパリココニモナカッタノカモシレナイナ……
寂しいって、こういうことを言うのかな? …………待てよ。
じゃあ、ダグラスを送り出す前のあの言葉は……嘘だったのか?
今、君の隣に俺はいないだろう? あの人がいるんだろう?

「……後ではっきりさせてもらう……。
 この痛みの価値も、君の真意も、その言葉の真偽も、全てを」

今度はしっかりと声に出た。
デュアル・ビーム・ガンを……まずはペズ・バタラに向け、一撃。
二本のビームがペズ・バタラの――今度は牽制ではなく――胴体に向かって突き進む。
そして、ビギナ・ギナに向き直りつつ通信回線を開き。

「お前がまだ正常な思考を失っていなかったなら、あるいは……とも思っていたが……。

 貴様、ヤクト・ドーガを攻撃したな……。
 あの男と組んで何をするつもりだ? あの存在価値も使い道も無い男と組んで。
 先生でも殺しに行くか? むしろ貴様自身の手であのクズを始末しようとでも企んでいるのか?
 何にせよ……邪魔だ。 彼女の往く道の……そして、俺の邪魔をするなッ!」

(あのまま消えていたなら見逃してやってもよかったんだがな……)

いくらかの嘲笑を裏に隠し、話している間にちゃっかりとマークを済ませ、台詞に合わせてロックし。
コクピットに狙いを絞り、容赦なくビーム・ガンは放たれた。

【行動:回避(-1)、通信回線継続(0)、ペズ・バタラに攻撃(-1)、ビギナ・ギナと通信(-1)、ビギナ・ギナに攻撃(-1)】
【位置:U-22・小惑星基地内・通路】
【残り行動値:0pts.】
【機体状況:MS形態・右肘不調・通信回線継続→ヤクト・ドーガ、ビギナ・ギナ】
【武装:(MS)ビームカタールx2、右腕ビームカッター、ビームキャノン、デュアルビームガン
   (MA)ビームカッター、ビームシールド(×)】
【生徒状態:覚醒@ノーマルスーツ・鈍痛・右手に違和感】
【所持品:デイパック、コッペパンx2、水2gx3、食糧4日分、私服、拳銃(20)、救急箱
      受信装置(稼動中)
   (以下私物)(MS状態チェック用ポータブルコンパネ)、愛用眼鏡、配線修理用工具一式】
【行動方針:リファニアと共に、生き延びる/何とかして、三人で『ミョーコウ』に戻る】
【同盟:20番リファニア 03番イブ 26番シェラザード】

※前スレ285から続いてます

14 :イブ・シュウリン ◆EVE/axNqpo :04/06/26 17:31 ID:lLUHHDMy
ID確認です

15 :シュウジ=アサギ ◆T2X.xlTDSU :04/06/26 20:06 ID:LXE9OJvo
IDチェック

16 :シュウジ=アサギ ◆T2X.xlTDSU :04/06/26 20:48 ID:???
少しずつ体を起こすビギナ・ギナ。さっきの無理矢理な動きが、
ダメージに繋がっていないかと心配したが、とりあえず深刻なダメージにはなっていないようだった。
だが……。

「……やっちまった……。」
〔……はい?〕
「俺とした事が……やはり無理なのか?素人にプロを殺すのは……。
 そんな事はないそんな事はないそんな事は……。」
〔体は大丈夫ですか?それなりの衝撃でしたが……。〕
「問題ない……背中と肩と胸が痛いが……。
 ……。
 ……バグのないプログラムは存在しないが……
 直せないバグは存在しない……。
 直せないバグは存在しない……。
 直せないバグは存在しない……。誰の言葉だったか……。」
〔……?
 WARNING!〕
「!?」

機体を起こそうとコントロールレバーを必死に操作していると、
モニターの端の方にアビゴルの構えるデュアル・ビームガンのの銃口からビームが発射されるのが映った。
……だがそのビームはビギナ・ギナの上を越え、通路の奥の方へ消えていった。
「……後方……ベルク?」
後ろの状況を確認しようとしたとき、アビゴルから通信が入った。

『お前がまだ正常な思考を失っていなかったなら、あるいは……とも思っていたが……。

 貴様、ヤクト・ドーガを攻撃したな……。
 あの男と組んで何をするつもりだ? あの存在価値も使い道も無い男と組んで。
 先生でも殺しに行くか? むしろ貴様自身の手であのクズを始末しようとでも企んでいるのか?
 何にせよ……邪魔だ。 彼女の往く道の……そして、俺の邪魔をするなッ!』

〔WARNING!〕
「今度はこっちか?回避!」
〔了解!〕
リナルドのデュアル・ビームガンは今度はこちらに向いていた。そして発射されるビーム。
だが、それは一瞬前のゼファーによる回避行動により、ビギナギナの機体に焦げ跡一つ付ける事もなく、床を焼いた。

「ははっ……言われっぱなしじゃ癪だからな、一つ自分で自分を擁護させてもらう。
 先に手を出したのはヤクト・ドーガの方だ。俺はそれに対する反撃をしただけの事。
 そして……貴様に対しても、だ。
 ベルクが仲間?何言ってる?"あの同盟"は既に消滅したんだぞ?」

こちらも通信を返しつつ、ロックオン・マーカーをアビゴルに合わせる。
「……撃て。」
シュウジの命令で、左腕のビームライフルが火を噴いた。
その一瞬後、右足のクルージングミサイルが発射される。
ビームに隠された大型の必殺兵器は、アビゴルのコックピットへ真っ直ぐに向かっていった。

17 :シュウジ=アサギ ◆T2X.xlTDSU :04/06/26 20:51 ID:???
【行動:回避行動(−1)アビゴルと通信(−1)アビゴルをビームライフル&クルージングミサイルで攻撃(−2)】
【残り行動値:0p】
【位置:U-22 通路】
【機体状況:対自爆装置用改造済み  左腕のみゼファー制御中
        フィン・ノズル3個損傷、表面装甲損傷軽微 通信中 アビゴル 】  
【参加者状況:右足重傷(処置済み) 打撲 左目周辺に切り傷(処置済み)】
【武装:ビームライフル×2(残弾:右85% 左70%) ビームサーベル×2 ビームシールド
     フック付きワイヤー&ウィンチ ヒートナイフ×2 F-90S用クルージングミサイル×1】
【所持品:ディパック(水2g入り0.5本 食料1.5日分 計画書 紙とペン 医療用セット 首輪カバー×5 ノートPC)
     拳銃 工具セット ゼファー】
【行動方針:敵機撃破】
【同盟:なし
 中立:14番レイモンド? 07番ベルク?】

18 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/27 00:05 ID:???
『定期放送のお時間です。

 次の立ち入り禁止区域は、次の8箇所です。
 『D-16』 『F-09』 『K-15』 『M-07』
 『Q-02』 『T-14』 『V-24』 『X-22』

 ……たまには必要事項の連絡だけで終わり、でもいいですよね?
 では♪』

【行動:定期放送(全体通信)(−2p)】
【位置:R-22】
【残り行動値:∞】
【行動方針:みなさんに殺し合いをしてもらう】

19 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/27 00:06 ID:???
第14章 >17 現在 

  A B C,D E,F G, H. I ,J K L M,N O.P.Q.R S,T U V,W,X,,Y Z
01◎■◎◎□□◎□◎■◎◎■□■■◎□◎■■■◎■□◎
02◎◎■□□◎□□□◎◎■■■◎□×□□□□◎■◎■※
03◎□◎□□□◎□◎□◎■■□□□□□◎□□□■■■■
04◎□□◎◎◎□◎□□■◎■□□□□□□□◎□■※◎■
05□□□◎▼◎◎□◎□■◎◎■◎□◎◎◎□◎□◎□□◎
06■□◎□◎□□□◎◎◎◎□◎□◎□□◎□□■□□◎□   □:開かれた空間
07※■■◎◎□□□◎□□□×□◎□◎□□◎◎◎□□□□   ■:暗礁空域
08■◎※◎□◎□◎□◎〓□□◎□□■□◎□※◎□□□□   ※:戦場跡
09■■◎■◎×◎◎□□□◎□□◎□□□□※□※◎□◎■   〓:コロニー
10◎■◎◎■□□□◎□□□□□◎□◎□※◎◎◎※◎□■   ▼:小惑星基地
11■◎■◎■■◎◎■□□■□◎■◎□◎□◎◎※◎◎■◎   ≠:崩壊したコロニー
12◎■■◎◎◎□□□□◎◎◎■■◎◎□◎□※◎□■◎■   ▽:爆破された小惑星基地
13※◎■■◎□□◎※□◎◎◎□■□◎◎◎□□◎□◎◎■
14◎■□◎◎□◎◎□□□■※■□■◎□□×□◎■◎◎◎   ◎:侵入禁止区域
15■◎■◎■□□▼□□×□■■□□◎□□□□■◎■◎■   ×:侵入禁止予告区域
16■□◎×◎◎◎□□□◎□□□□◎□□□◎※□□◎■■
17□◎■◎□◎□◎□◎□◎◎■99□□□≠≠□□□◎◎■
18◎□□◎□□◎□◎□◎■◎◎□□□□◎□□□◎□□◎
19□◎◎□◎◎■□◎◎□■■◎■□◎□□□□◎▼◎◎□
20◎□□□□◎□□◎□◎□■□◎◎□◎◎□□03▼□◎□
21◎◎□〓〓◎□□◎□※◎※◎□◎◎□◎□▼25▼◎□□
22◎□◎□□□◎◎◎※※※◎□◎□□□□◎01◎▽×◎□
23◎■◎□□◎□□□◎◎◎※◎■◎□◎◎□◎▼◎□◎□
24※■■◎□□◎□■◎◎※◎■■■□◎□◎□×□◎□◎

99は管制機能を持つレウルーラ級戦艦。
01・07・15・20・26は同一地点。03・11・14は同一地点。
03はムサイ級戦艦に搭乗。03の機体もムサイ級戦艦に収容。
乗り手不在のジム・ライトアーマーとサイコガンダムMk-Uもムサイに収容。
02・04・05・06・08・09・10・12・13・16・17・18・19・21・22・23・24死亡。

20 :リーア先生 ◆UktGzzmQ/o :04/06/27 00:07 ID:???
生徒名簿

 先生 リーア・ミノフスキー       (??) 女性  コアブースター(レウルーラ級戦艦)

 01番 シュウジ・アサギ         (32) 男性  ビギナ・ギナ
 死亡 シュヴァイザー・シュタイナー (44) 男性  ボリノーク・サマーン
 03番 イブ・シュウリン          (24) 女性  Vガンダム (ムサイ級戦艦)
 死亡 ユリ・ランブ            (16) 女性  (ゴトラタン)
 死亡 ダグラス・ロックウード     (17) 男性  ゴトラタン(元・ケンプファー→ジム・ライトアーマー)
 死亡 ジェイス・カーライル       (28) 男性  ジェガン
 07番 ベルク・クロフォード       (25) 男性  ペズ・バタラ
 死亡 ヨーコ・クロサキ         (17) 女性  ガズR
 死亡 リオン・フライハイ        (15) 男性  ジオング
 死亡 アシッド・ミニングリー      (29) 男性  ギラ・ドーガ
 11番 サーティア・クワン        (19) 女性  ガンイージ(元・ジム・ライトアーマー→ジャベリン)
 死亡 サブナック・B・アンドラス    (17?)男性  ビグロ
 死亡 ショーン・コネリー        (52) 男性  ガンダム4号機(元・ジャベリン)
 14番 レイモンド・デリック       (31) 男性 ジャベリン(元・ガンイージ)
 15番 リナルド・グレイス        (22) 男性  アビゴル
 死亡 アレン・D・バディアン     (20) 男性  ハンブラビ(元・ガンダム4号機→ジャベリン→ゴトラタン)
 死亡 フィニー・ディクセン       (18) 女性  (ハンブラビ)
 死亡 レニウム・アートナー      (33) 男性  ジ・O
 死亡 ラーズ・フィリー          (16) 女性  ヤクト・ドーガ(クェス機)
 20番 リファニア・ニールセン     (15) 女性  ヤクト・ドーガ(サイコガンダムMk-U)
 死亡 アーネスト・マンソン  (20代後半?)男性  ガザD(+旧ザク)
 死亡 リー・ションロン          (22) 男性  (ビギナ・ギナ)
 死亡 スタンリー・M・イプキス     (33) 男性  クロスボーンガンダムX2
 死亡 ジョシュア・カミンスキー     (31) 男性  ガンダムMk-U(ティターンズカラー)
 25番 ルイ・フィルセント         (22) 女性  R・ジャジャ
 26番 シェラザード・ビンス・マクファーソン (28) 女性  キュベレイMk-U(3号機)

21 :イブ・シュウリン ◆EVE/axNqpo :04/06/28 20:19 ID:???
けたたましく鳴り響く警告音の中、ミョーコウの船体を大きな振動が襲った。
広域レーダーの索敵網の隅で息を潜めていたガンイージが突如としてドック内に侵入。
その手に携えたガトリング砲が火を噴いたのだ。
数秒間の掃射が船体表面を舐め、一瞬遅れて各部で小規模な爆発が連続する。
更に数秒続いた断続的な振動がようやく収まったのを確認し、愁林は素早く被害状況を確認した。

「格納庫、小破……機関室、損傷率44パーセント……居住区、損傷率44パーセント。
 サブブリッジ……損傷軽微、メインブリッジ……損傷軽微。被害区域の隔壁自動閉鎖完了……やられたわ」

声に出しながら状況確認を終え、愁林は抑揚を抑えた声で呟いた。
ガンイージ。
彼女の記憶によれば、それはコロニーからの脱出の際に遭遇した、レイモンド・デリックの搭乗機体である。
彼が何ゆえにミョーコウを襲ったかは分からない。
否。単純に彼がこのゲームに乗ったという事だろう。
何故近くのMSではなく、真っ先にこのミョーコウを沈めようとしたのか。
何故ミョーコウを沈めようとしたのがサーティアではなくレイモンドなのか。
其処にはどうしても違和感と疑問とが残ってしまう。
だが、厳然たる事実として彼のMSによる奇襲めいた襲撃は艦に少なからぬダメージを与えている。

「1対2……ちょっとタフな状況ね」

敢えて口に出し、その声に余裕めいた響きを乗せることで自分を奮い立たせる。
レイモンドはサーティア・クワンを攻撃しなかった。
サーティア・クワンではなくレイモンド・デリックがミョーコウを沈めようとした。
此処から導き出される最悪の可能性は、彼ら二人が同盟関係にあるという事。

低い音と共に、艦内を大きな揺れが襲った。
ミサイルの一つが爆発したらしい。誘爆により、更なる爆発が起こる。
左舷後部ブロック、大破。
圧倒的な爆発による衝撃と圧力とが、密閉されたドック内を容赦なく駆け巡っていく。
艦の外にいたMSも、これに巻き込まれれば無傷では済むまい。
次に致命的な一撃を喰らえば、ミョーコウは間違いなく沈んでしまう。
あらゆるデータを携帯端末に引き出し、リナルドから預かったコンパネと共に小脇に抱える。
意を決し、愁林は格納庫へと駆け出した。

22 :イブ・シュウリン ◆EVE/axNqpo :04/06/28 20:20 ID:???
続け様に船体を襲う大小の揺れが、被害の程度を知らせてくる。
覚束ない足場を器用に蹴り進み、生きる為にひた走る。
ミョーコウが沈む。
それは悲しい事だが、しかし彼女にとって絶対に防がねばならない事ではない。
無論、防げるのならばそれに越した事は無いのだが―――

大小様々な破片の浮かぶ格納庫、その床を蹴り、装甲を駆け上り、コックピットへと飛び込む。
ハッチを閉め、システムを起動。
コンパネと端末とをシート横のスペースに収め、短く彼女はその名を呟く。

「ダグラス」

フットペダルを一気に踏み込む。
途端、全身を苛むG。それをリニアシートとスーツとが、優しく受け止め和らげる。

「姉さんを見ていなさい」

【行動:艦内移動(-2)、データバックアップ(-1)、出撃(-1)】
【残り行動値:0p】【現在位置:V-21、ドック内】
【特記事項:軽症(手当て済み)、覚醒?、若干の疲労、時折襲う正体不明の突発的頭痛、内臓器官損傷】
【機体状況:左腕Bシールド及びBトンファー使用不可、左肩装甲破損(左腕はゴトラタンのものを移植)
        ミョーコウ中破(現状ではまだ航行可能)】
【武装:頭部バルカン×2、Bサーベル×1、Bシールド×1、
...    Bライフル(E残量49%)、4連装ヘビーマシンガン付きショットランサー(Hマシンガン残弾48%)
     Bピストル×2(E残量70%、両脚部外側HPにマウント)、
     グレネードランチャー付き90mmマシンガン(6斉射+グレネード3発、腰部左側HPにマウント)】
【所持品:思い出の銀のロザリオ、銀の腕時計、低反動拳銃(弾丸12発装填済み)
      コンパネ、端末】
【行動方針:「貴女達の帰るべき場所は此処にある」、生きる】
【同盟:リナルド、リファニア、シェラザード】

23 :シェラザード=ビンス=マクファーソン ◆raRByYg.V. :04/06/28 23:05 ID:???
人の意思が揺れているのを感じる。
心が揺れ動いているのが分かる。
限りのない空間のうちの、ごく限られたエリアの中の、至極ちっぽけな場所で、
人間達が何処までも必死に足掻いて、もがいて、苦しんでいる。
それはどうしようもなく愚かで、それ故に哀しくて………だからこそ、愛しいのかもしれなかった。

愛しているから傷ついて。守るために殺そうとして。大切に想うからこそ憎みもして。
人が人であるから存在している矛盾が、純粋とすら表現できる混沌が、ここに渦を巻いている。
シェラザードにとっての絶対であるリファニアも、その渦とは無縁ではない。
自分の愚かさによって深く傷ついた女と心を通わせながら、
少女は自ら進んでその渦に身を投じ、その勢いと激しさを加速させている。

愛する女と愛する男の間で悩みながら、その矛盾に束縛され、乱されながら、
それでもその愛を、その想いを貫こうとして、己の血と返り血を全身に浴びながら刃を振るっている。

それでいいのよ、リファニア。
今のあなたは、とても美しくて、綺麗だわ。
あたしを捧げるにふさわしくてよ。

シェラザードは微笑む。リファニアの迷いに、混沌に直接触れながら、微笑みを絶やそうとはしない。

何かを選ぶことは、何かを捨てること。
大切なものがあることは、他のものは大切でないとすること。
誰かを愛すると言うことは、他の誰かを愛さないと言うこと。
人が人である限り、何もかも思い通りになるわけではない。

好意は幸福だけを感じさせてくれるものでない。
愛は快感だけをもたらしてくれるわけではない。
好きだから、愛しているからこそ、苦しみもする。憎しみもする。傷つくこともある。滅ぶこともある。滅ぼすこともある。


片翼を失ったキュベレイの瞳が、ゆっくりと点滅する。
忠実な死神を従えた女王が、最後の呼吸を整える。

愛は全てよ。幸せも不幸せもくれるのよ。悦びも教えてくれるし、試練も与えてくれるわ。
快感も苦痛も、平穏も混乱も、希望も絶望も、全部くれるの。
本気の愛だから、手加減も容赦もしてくれないわ。
………あなたがもう少し年を取ったら、そういうことを全部ひっくるめて愛だと心から分かるのでしょうけど。

血の紅に染まった唇に浮かべる微笑みが、少しだけ悪戯っぽいものになる。

24 :シェラザード=ビンス=マクファーソン ◆raRByYg.V. :04/06/28 23:06 ID:/fuhWThd
あなたに散々振り回されたあたしが言う台詞じゃないかもしれないけれど、言わせて貰うわね、リファニア。
あなたは、まだ小娘だわね。いい女になる素質はあるし、魅力に関してはあたしが保証してあげるけど、
本当にいい女になるにはまだ少し色々と足りないところがあるわ。
才能を本能だけで振り回しているようでは、立派な「女」とは言えないもの。
もう少し勉強して、経験を積みなさい。男の泣き言にいちいち振り回されているようでは、まだまだよ。


シェラザードの微笑みが一旦深くなり………そして消えた。


だから、あなたが勉強できるように、経験を積めるように、邪魔者は排除しておかないとね。


キュベレイの紅の身体から赤光が放たれる。
夜空に妖しくうねるオーロラのように、あるいは砕け散る寸前の星のように。
女と女王の意志が、戦意が輝きとなって燃え上がった。

ビギナ・ギナは任せたわよ、遅れてきた白馬の王子様。
その程度の障害を自力でどうにか出来ないようでは、あたしのリファニアの相手は務まらないわ。
リファニアの彼氏を自称したいのなら、自分の力でそれを証明して見せなさい。

キュベレイの瞳が黄色のモビルスーツに向けられる。
それに従うように、ファンネルがペズ・バタラを射線上に捉えた。


あなたは邪魔なの。だから消すわ。


輝きが渦を巻いて。
ファンネルがその渦に乗って。
最後の刃が、嵐となって襲いかかった。

【行動:ペズ・バタラにオールレンジ攻撃(−4)】
【位置:U22】【行動値残り:0】
【機体:AMX-004-2(3) キュベレイMk-U@片翼、】
【機体状態:右膝より下を喪失、右ウイングバインダー消失、ジェネレーターオーバーロード気味、
        装甲表面に無数の傷、コクピットハッチを破片が貫通、】
【パイロット状況:………】
【武装:ファンネル×11、 ハンブラビのテールランス】
【所持品:ディパック、首輪、水2リットル入り2本(1本は残り三分の二)、
      軍用大型ナイフ 青酸カリカプセル1個入りロケット
      デンジャーな衣服・下着・道具類で一杯のスーツケース 抗ガン剤11日分
     軍用糧食・飲料水3日分、毛布、救急セット】
【方針:最後までミョーコウに危険を及ぼす可能性のある存在を全て排除しようとする】
【同盟:20番・リファニア、03番・イブ】

25 :リーア先生@代理:04/06/29 00:42 ID:???
第14章 >24 現在 

  A B C,D E,F G, H. I ,J K L M,N O.P.Q.R S,T U V,W,X,,Y Z
01◎■◎◎□□◎□◎■◎◎■□■■◎□◎■■■◎■□◎
02◎◎■□□◎□□□◎◎■■■◎□◎□□□□◎■◎■※
03◎□◎□□□◎□◎□◎■■□□□□□◎□□□■■■■
04◎□□◎◎◎□◎□□■◎■□□□□□□□◎□■※◎■
05□□□◎▼◎◎□◎□■◎◎■◎□◎◎◎□◎□◎□□◎
06■□◎□◎□□□◎◎◎◎□◎□◎□□◎□□■□□◎□   □:開かれた空間
07※■■◎◎□□□◎□□□◎□◎□◎□□◎◎◎□□□□   ■:暗礁空域
08■◎※◎□◎□◎□◎〓□□◎□□■□◎□※◎□□□□   ※:戦場跡
09■■◎■◎◎◎◎□□□◎□□◎□□□□※□※◎□◎■   〓:コロニー
10◎■◎◎■□□□◎□□□□□◎□◎□※◎◎◎※◎□■   ▼:小惑星基地
11■◎■◎■■◎◎■□□■□◎■◎□◎□◎◎※◎◎■◎   ≠:崩壊したコロニー
12◎■■◎◎◎□□□□◎◎◎■■◎◎□◎□※◎□■◎■   ▽:爆破された小惑星基地
13※◎■■◎□□◎※□◎◎◎□■□◎◎◎□□◎□◎◎■
14◎■□◎◎□◎◎□□□■※■□■◎□□◎□◎■◎◎◎   ◎:侵入禁止区域
15■◎■◎■□□▼□□◎□■■□□◎□□□□■◎■◎■   ×:侵入禁止予告区域
16■□◎◎◎◎◎□□□◎□□□□◎□□□◎※□□◎■■
17□◎■◎□◎□◎□◎□◎◎■99□□□≠≠□□□◎◎■
18◎□□◎□□◎□◎□◎■◎◎□□□□◎□□□◎□□◎
19□◎◎□◎◎■□◎◎□■■◎■□◎□□□□◎▼◎◎□
20◎□□□□◎□□◎□◎□■□◎◎□◎◎□□03▼□◎□
21◎◎□〓〓◎□□◎□※◎※◎□◎◎□◎□▼25▼◎□□
22◎□◎□□□◎◎◎※※※◎□◎□□□□◎01◎▽◎◎□
23◎■◎□□◎□□□◎◎◎※◎■◎□◎◎□◎▼◎□◎□
24※■■◎□□◎□■◎◎※◎■■■□◎□◎□◎□◎□◎

99は管制機能を持つレウルーラ級戦艦。
01・07・15・20・26は同一地点。03・11・14は同一地点。
V20にムサイ級軽巡洋艦。
乗り手不在のジム・ライトアーマーとサイコガンダムMk-Uもムサイに収容。
02・04・05・06・08・09・10・12・13・16・17・18・19・21・22・23・24死亡。

26 :レイモンド=デリック ◆a/QqKjfHc6 :04/06/29 09:46 ID:m8XJ94D9
久々のIDチェック


27 :レイモンド=デリック ◆a/QqKjfHc6 :04/06/29 12:57 ID:???
ドックの中を、さほどスピードを出さずにそろそろと進む。
そのわけは他でもない、ここでスピードを出してもあまり意味がない事と、もう1つは
もしもムサイの中に誰かがいた場合、その参加者を刺激しないようにする為。
敢えてムサイがロックオンしやすくする事で、敵意のない事を証明しようとしたのだ。
…まあそれもムサイの出方次第ではある。
もしムサイに誰かがいてそれが好戦的な参加者だったら、これを好機と見て遠慮なく攻撃
を仕掛けてくるだろう。
そうなればこの限定された空間の中で、厳しい戦闘を強いられるかもしれない。
……それは覚悟の上だ。
ムサイに誰もいないならばそれでよし。
誰かいるならば、その人物像をある程度見極める。
その為には、多少の危険はやむを得ないところか。

勿論進入口の捜索もやらなければならない。
見たところ、人の出入りする扉はちらほら見かけられるが、タイヤが入れるようなところ
はまだ見つけられない。
もしかして、どこかに閉鎖された隔壁があるかもしれない。
だがあったとして、それを開けられるのか……ビームキヤノンで破壊したらムサイを刺激
する事になるのではないか。
少々慎重になりながらドックの奥へ進んでいく。

ジャベリンのレーダーに急激な反応があったのはその時だった。
後方からドックに接近してきた機体がある。
俺が機種を確認する前にドックに来たそれは、ガトリングらしき武器を連射した。
……確認するまでもない。
俺が知る限り、あの武器を持っている機体はただ1つ。
サーティアに奪われたガンイージだけだ。

一瞬俺が狙われたのかと身構えたが、ムサイの艦体にいくつもの小さな爆発が起こるのを
見て、それが違う事に気付いた。
サーティアはドックの奥にいる俺よりも、図体のでかいムサイに狙いを絞ったらしい。
それはそれで妥当な選択ではあるが…。
ガトリングの1斉射程度でムサイがすぐに沈むとは思えないが、万が一の時この密閉され
たドックで艦の爆発にでも巻き込まれたらお終いだ。
それを避けるには、とにかくドックから離れるしかない。
進入口が見つからなかった事に思いを引かれつつ、ドックを出ようとタイヤを振り向かせ
ようとした時、ドックが一瞬揺れた…ように感じた。
慌ててムサイを見ると、左舷後部で大きな爆発が起こっている。
やばい……と思う暇もなく、タイヤは爆風で横滑りしながら右側を壁に叩き付けられた。

俺はシートの上で振り回され、右腕をコンソールスティックにしたたかに打つ。
右腕と肋骨の痛みに耐えながら、ダメージチェック。
……ぶつかった角度が良かったのか、ジャベリンの機体とタイヤにはさしたるダメージは
ない。せいぜい擦り傷程度だ。
だが衝撃でショットランサーが1つ千切れてしまったらしい。

(続く)

28 :レイモンド=デリック ◆a/QqKjfHc6 :04/06/29 13:01 ID:???
(くそっ…お気に入りの武器なのに…)

歯ぎしりをしながら再度ムサイを観察する。
どうやら今の爆発は、何らかの弾薬、若しくは燃料に引火、誘爆したものらしい。
現にムサイはそれを示すかのように、もうもうと爆煙をあげている。

(…もう長くはもたない…か)

誘爆を始めた艦の生命は尽きたも同然だ。
経験豊かな艦長と訓練された乗組員がいれば、適切な処置が取られて、事無きを得る事も
可能なのだろうが…。

脱出を優先させ、煙を避けて外が見えるムサイの右舷側に移動する。
そしてそこから見える宇宙と、そこに佇むガンイージの姿。
瞬間、俺の中にあの基地の事が頭をよぎる。
…………。
…なあ、サーティア。
俺の右腕が痛いのは、お前のせいなのか?
…俺の肋骨が痛いのは、お前のせいなのか?
……俺の左目も、左足も、お前の……。
いや、頭ん中であいつが言っていたように、俺が間抜けなだけなのか…?
…なあ、サーティア。
お前を殺したら……俺の痛みは消えるのか?
…なあ、サーティア……。

外に向けて走り始めた俺の目に、ムサイから出てくる1機のMSが見えた。
見覚えのある、ガンダムタイプの機体。
コロニーの戦闘で出会ったあれに乗っていたのは……。
勘と記憶を頼って、通信を繋いでみる。

「今ムサイから出てきたガンダムタイプ。乗っているのはイブ=シュウリンか?こちらは
 レイモンド=デリック。聞こえているなら、なるべくドックから離れろ。このまま誘爆
 が続くようだと艦の爆発に巻き込まれる可能性がある」

彼女が俺を覚えているかは分からないが、とにかく注意は促した。
あとは向こうの受け取り方次第だ。
俺はタイヤの速度を一気に上げると、ドックから宇宙に飛び出した。
同時にガンイージをロックオンして、躊躇なく引き金を引く。
ビームキヤノンが粒子をまき散らしながら、ガンイージに向かって伸びていく。
だが俺は、ビームの行き先や結果などに興味は無い。
すぐさまタイヤの方向を変え、ガトリングの射程から離脱する。

「さて…。どうするべきか」

29 :レイモンド=デリック ◆a/QqKjfHc6 :04/06/29 13:02 ID:???
【行動:ドック内をうろうろ(−1)イブ=シュウリンに通信回線接続(−1)
   ガンイージにビームキヤノンで攻撃(−1)一旦戦闘空域離脱(−1)】
【残り行動値:0p】
【位置:V-20】
【機体状況:右腕消失、頭部バルカン砲1門損傷、モニター一部使用不能
      右肩装甲損傷、左肘ジョイント負荷(40%)、胸部及び腹部
      装甲に凹みと歪み、ショットランサー1基消失
 アインラッド:打撃による回転不良(小)】
【参加者状況:左肩負傷(処置)、左眼球裂傷(処置)、右手首切断(処置)
       右肋骨骨折、左大腿骨にひび】
【武装:頭部バルカン砲×1、ビームサーベル×1、ショットランサー×1
       ビームシールド
 アインラッド 武装:ビームキャノン×2(84%)、9連装ミサイルポッド】
【所持品:ディパック、水2?入り1本1/4、食料21/3日分、シャベル(小)、
     蕎麦団子1個、拳銃と自動小銃と弾倉、タッパーのカレー4つ、保冷シート2枚】
【行動方針:仲間との合流と戦闘、どちらを優先させよう…?】
【同盟:ルイ、ベルク、シュウジ(?)】

30 :ベルク@代理:04/06/29 15:21 ID:lIWa49Kl
代理IDチェック

31 :ベルク=クロフォード ◆TiP5As2jNc :04/06/29 16:28 ID:???
ビームダガーはアビゴルに触れる前に
ヤクト・ドーガの持っていたハンマーに突き刺さり
それを振り回しながら今度はハンマーに火がつきこちらに向かってくる。
だが、攻撃前の行動で明らかにハンマーで攻撃をすることが予見できたので
避ける事は容易だった。残りのビームダガーを取りだしそれをつないでいる
鎖を断つとアビゴルのビームガンの銃口がこちらに向いているのが見えた。

(第2波・・・・・・)

それは本体のビームアックスを発動させ飛んできた光の矢を弾いた。
さばききった、そう心の何処かで思ってしまったのか、
その刹那の隙をキュべレイに晒していた。
何時の間にかペズ・バタラを中心に数十機のファンネルが周りながら囲んでいる。

(流石にやべぇな・・・・・・・)

そして、絶間無くファンネルたちの銃口から光が飛び交う。
輝ける光の渦。その中で取る選択は、
―――――――――――― 一つしかないだろう。

「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ」

一直線にキュべレイに突進していく。
光の嵐をかけ抜けて、当然無傷で居られるわけでも無く
ペズ・バタラの至る所を抉り取られる。
残りの右足、スラスター各所、本体の側面の装甲を抉っていくこともあった。
それでも本体のビームアックスを発動させくキュべレイに突進する。

【行動:アビゴル、ヤクトの攻撃を回避(-2)ファンネル回避に失敗(-1)
    キュべレイにビームアックスで突進(-1)】
【残り行動値:0】
【位置:U-22】
【機体状況:右腕損失、左足膝部損失、右足膝部損失、本体側面装甲各所損傷
      コクピット内機械一部損傷、スラスター各部損失(出力50%低下) 】
【武装:(本体)ビームアックス、3連装ミサイルランチャー×2(残弾0)(左手)ビームシールド、
    (左手)ビームダガー、ビームダガー×1本 】
【所持品:ディパック コッペパン一つ 水2g三本 水1g一本 食料ニ日分 
     十字架 聖書 特殊情報端末 チ○ルチョコ20個ほど】
【行動方針:”答え”を見つける】
【同盟:01番 シュウジ=アサギ??15番 14番 レイモンド=デリック 25番 ルイ=フィルセント】

32 :リファニア=ニールセン ◆y265QavDe. :04/06/29 17:30 ID:???
リファニアのこころに、唄が響いた。切なる祈りの込められた、唄が。
しぼみかけていた生存本能が、かつての強固さを取り戻していた。
忘れかていた、いや、心の引き出しにしまっておいた夢が引き出されかける。
だが、リファニアは、開きかけていた引き出しを、再び閉める事を選んだ。
……今はただ、シェラと共にある為に。
だが、強固な生存本能だけは、リファニアの瞳の奥に宿る獣のそれにも似た光と共に、強く根付いていた。

ペズ・バタラに向かって振るった、ビーム・ダガーが突き刺さったままのハイパー・ハンマー。
推進剤の誘爆により爆ぜ、リファニアの眼前に爆光が拡がった。
爆光に飲まれる様に視界から消える、ペズ・バタラ。
ヤクトの頭部のカメラやセンサーは破損しており、機体各所の予備のセンサーでは、
爆光の向こうに敵機の姿を捉え続ける事が出来なかった。

「……やったの……?」

反応が消えたと錯覚したリファニア。
だが、次の瞬間には、爆光の向こうの闘魚の中に未だに根ずく生命と……。
ベルク=クロフォードの強固な想いを、リファニアは感じ取っていた。

「……まだっ!?
 そう、そうよね……。死ねない理由があるからこそ、これ程までに戦えるのね、みんな……。
 死ねないのは、死なせたくないのは、私達だけじゃない。
 だからこそ、この戦いは続き……シェラさんは、傷ついた……。」

リファニアの瞳に宿る光が揺れる。
その目に雫を溜めながらも、リファニアの瞳は爆光の向こうを見据えていた。

『……痛いんだぜ、これ……。
 でも……、もっと痛むところがあるんだ……』

背後に、リナルドの存在を感じる。
闇に覆われそうな、彼の心。そうさせたのは、私。
……その事実は、痛みは、リファニアの心をも蝕みかねなかった。

「……リナルドは、いつも私に答えを求めるのね……。」

爆光に照らされながら、リファニアが静かに呟いたとたん―――。

>>23-24
シェラの想いが、リファニアに流れ込んでくる。
口から発した言葉でなくても、それは明確な言葉となって、リファニアに流れ込んでくる。
微笑むシェラのイメージが、くっきりと脳裏に浮んでいた。

シェラは、愛してくれていた。リファニアの、全てを。
穏やかに歌うリファニアも、獣のような闘争本能に身を委ねるリファニアも。
にっこりと無邪気に微笑む、素のままのリファニアも、全てを愛してくれていた。
シェラザード=ビンス=マクファーソンこそ……。
リファニアを誰よりも理解してくれた存在だったのかも知れない。

たとえシェラが、リファニアがどのような存在なのか知らずとも。
リファニアも、シェラを蝕んでいた死に至る病を知り得なくても。

それはふたりがわかりあうことのさまたげにはならなかった―――。

33 :リファニア=ニールセン ◆y265QavDe. :04/06/29 17:36 ID:08arecTx
ああ、シェラさん……わたし、まだまだ子供だよね。
わたし、失う事が、こわい。こわくて仕方ないの。誰も失いたくないの。
……わがまま……?
失わなければ、得られないものもある……?
……そう、だよね。受け入れなければいけない事なんだよね。

揺れる瞳から雫を舞い散らせながらも、リファニアはにこりと微笑んでいた。
シェラがリファニアを綺麗にしてくれた時の、微笑みで。
それがたぶん、シェラが最も好きなリファニアの表情であろうから。

シェラさん、わたし、シェラさんみたいに素敵な女性になってみせるよ……。
すこしくらい、男を振り回したって……追いかけられるくらい、素敵な女性に……。

ハイパー・ハンマーの起こした爆光はすでに消え去り……。
リファニアの瞳には、紅い光を全身に纏ったシェラのキュベレイの姿が映る。

ファンネルが、はなたれる。

いのち、もえる……?

「シェラさんっ!」

リファニアは、叫んだ。
シェラの名を呼ぶことで、声を届かせる事で、彼女の傍にリファニアが居る事を意識させる為に。
シェラに、孤独さを味わせない為に……。

「シェラさんっ、シェラさぁぁぁぁぁんっっ!!」

ファンネルの閃光を抜け、ペズ・バタラが光の刃を展開させる。
リファニアは叫びながら、フットペダルを床まで一気に踏みつけた。
咆哮するヤクトのスラスター。
ペズ・バタラに追いすがりながら、リファニアのヤクトがビーム・サーベルを抜き放つ。

「シェラァァァアァァァッッ……!!」

最も心を通わせた存在の名を叫びながら……。
リファニアは右後方から闘魚のコックピットに向けて、サーベルを突き出した。

リファニアの脳裏に、アレンのハンブラビが閃光に包まれた時の映像が蘇る。

リファニアの瞳から、とめどめなく雫が零れて散る。

……間に合ったのかどうかは、わからない。

【行動 : リナルドとの通信継続(0)、シェラの名を叫ぶ(0)
      ビームサーベルでペズ・バタラを攻撃(-1)、残3 】
【位置 : U-22(要塞内、通路の入り口) 】
【機体状況 : MSN-03 ヤクト・ドーガ
        頭部センサー・カメラ類破損、爪先のアポジモーター破損、MS爆弾解除スイッチ付 】
【パイロット状況 : 頬にうっすらと傷痕、右肩に軽傷(治療済み)、頭に軽傷(処置済み)、メイク済み♪
           ノーマルスーツ着用、包帯少女、全身に時々ピリっとした感覚 】
【武装: ファンネル×1、両肩部3連装ミサイル×2、ビームサーベル 】
【所持品: ディパック、首輪、コッペパン2つ、水2g入り2本(1本は空)
      ノーマルスーツ、ジオン女性士官の制服、ナバン61式拳銃
      抗生物質、換えの包帯やガーゼ、消毒薬
      アレンの遺したギターとアンプ、トリィの羽根、日記帳とペン
      ピンクのエプロン(ポケットに口紅)、白のエプロン
      ラーズの遺品(ディパック、飲料水2g入り3本、地図、食糧たくさん、レポート用紙1冊) 】
【方針 : 響け……! 】
【同盟 : 26 シェラザード=ビンス=マクファーソン、15 リナルド=グレイス、03 イブ・シュウリン 】

34 :サーティア=クワン ◆Y9kguUm6vs :04/06/29 21:03 ID:nm7l/05s
IDちぇっく

35 :サーティア=クワン ◆Y9kguUm6vs :04/06/29 21:10 ID:???
 ちっ、レイモンド……
 あの襤褸切れみたいな体で、よくやるわ。

 ABCマントが無ければ、コクピットに一発で終わっていたかしら?

「レイモンドの姿は無い……
 なら、相手すべきは今出撃してきた相手よ、サーティア」

 ムサイに居た、誰かしらね。
 どちらにしたって関係無いわ。

 リオン、見ててよ。私は生きるのよ。

 例え血に汚れてでも。
 全てを屠ってでも、生きて帰ってみせる。

「それが、アナタとの約束よね……?」

 ならば、まずは奴を下す!

「悪いけど、ここでその命貰うわよ!」

 元気出せ。
 気合入れなさいな、サーティア!


【行動 : ガトリングガンを構える(−1) 】
【残り : 0P 】
【位置 : U−20 → V−20 】
【機体 : ガンイージ 】
【状況 : 機体各所にダメージ、電子機器に被害】
【身体 : 適度・血濡れのリボン・ジェイソンマスク 】
【武装 : 頭部60mmバルカン砲×2(残弾65%)、ビームサーベル、ビームシールド、
       胸部ニ連装マルチランチャー(残弾ゼロ)、ABCマント(被弾回数2)、ビームライフル(残弾5)
       MS用大型ガトリング・ガン(ドラムマガジン付き・残弾50%) 作業用クレーン】
【所持品: 頑丈な腕時計、携帯ゲーム機、小説、LD、薬品一式、血塗れのリボン
       ショットガン(残弾32)、ハンドガン(残弾12×5)、修理部品、修理器具
       ハロ、ジェイソンマスク、お弁当×6】
【方針 : 優勝 】
【同盟 : なし 】

36 :イブ・シュウリン ◆EVE/axNqpo :04/07/01 10:38 ID:81SnOqKx
IDチェック

37 :イブ・シュウリン ◆EVE/axNqpo :04/07/01 10:41 ID:???
どうして、とは問わなかった。
開かれた回線の向こう、現れた満身創痍の男。
何故レイモンド=デリックがサーティア=クワンの機体に乗っているのか。
何故そんなにも傷だらけなのか。
何故、こちらにそんな忠告をしてくるのか。
問いたい事柄は、しかしどれもこの状況下では瑣末な疑問に過ぎない。

「忠告は聞いておくわ。
 ……一つ尋ねるけれど、貴方が乗っていた筈のあのMS、今乗っているのは誰?」

ミョーコウから距離をとりつつ、こちらからもレイモンドへと回線を開く。
彼女の視線の先には、武骨なフォルムのガトリングガンを構えるガンイージの姿がある。
無論、誰が乗っているかなどという情報すら、現時点ではさしたる価値を持つ事は無い。
それでも、愁林はその名前を知っておきたかった。

油断無くガンイージの様子を窺いながら、内壁やムサイの破片が飛び交うドックの中をVガンダムに巡らせる。
また、爆発が起きた。
確かにレイモンドの指摘通り、ミョ―コウの付近に留まり続ける事は大きな危険を伴うようだ。
ならば、もう少し距離を取るべきか。

思い出は胸の中にある。だから、悲しむ事など何も無い。

ともすれば滲み出しそうになる感傷を鉄の理性で殺す。
ガンイージは敵。
脳髄に突き刺さるような鋭い敵意が、彼女にそう判断させた。
またも飛来する瓦礫。
先程の爆発によるそれが、トリガーの瞬間をタイミングよく隠す。
白き騎士の冷たい双眸が敵対者の姿を捉え、その手に構えられた4連装ヘビーマシンガンが徐に火を噴いた。
狙うはガトリングガン、そしてそれを扱うマニピュレーター。

―――先ずは、牙を折られなさい。

38 :イブ・シュウリン ◆EVE/axNqpo :04/07/01 10:45 ID:???
【行動:レイモンドへ通信(-1)、瓦礫回避(-1)、タイミングを図っての4連装Hマシンガン→ガンイージ(-1)】
【残り行動値:1p】【現在位置:V-20】
【特記事項:軽症(手当て済み)、覚醒、若干の疲労、時折襲う正体不明の突発的頭痛、内臓器官損傷】
【機体状況:左腕Bシールド及びBトンファー使用不可、左肩装甲破損(左腕はゴトラタンのものを移植)
       ミョーコウ中破(現状ではまだ航行可能?)】
【武装:頭部バルカン×2、Bサーベル×1、Bシールド×1、
...    Bライフル(E残量49%)、4連装ヘビーマシンガン付きショットランサー(Hマシンガン残弾40%)
     Bピストル×2(E残量70%、両脚部外側HPにマウント)、
     グレネードランチャー付き90mmマシンガン(6斉射+グレネード3発、腰部左側HPにマウント)】
【所持品:思い出の銀のロザリオ、銀の腕時計、低反動拳銃(弾丸12発装填済み)
      コンパネ、端末】
【行動方針:「貴女達の帰るべき場所は此処にある」、生きる】
【同盟:リナルド、リファニア、シェラザード】

64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)